NEW

JRA 天皇賞・春(G1)武豊アドマイヤグルーヴ挑戦も霞む「豪州史上最強牝馬」参戦に揺れた16年前の記憶。日本のステイヤーたちを震え上がらせた「魔界」からの使者とは

JRA 天皇賞・春(G1)武豊アドマイヤグルーヴ挑戦も霞む「豪州史上最強牝馬」参戦に揺れた16年前の記憶。日本のステイヤーたちを震え上がらせた「魔界」からの使者とはの画像1

 5月2日に阪神競馬場で行われる天皇賞・春(G1)は、連覇中だった長距離王フィエールマンが引退したことで、今年は大混戦の様相を呈している。

 そんな主役不在の状況に乗じて68年ぶりとなる牝馬制覇を狙うのが、前哨戦の日経賞(G2)を勝ったウインマリリン(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎)と、2着だったカレンブーケドール(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 1953年のレダ以降、67年連続で牡馬が勝利している天皇賞・春だが、今は「牝馬が強い時代」だ。

 昨年は芝の古馬混合平地G1が10レース行われたが、実に9戦で牝馬が勝利。唯一、牡馬が勝ったのがこの天皇賞・春であり、牡馬勢からすれば、その威信を保つための最後の砦ともいえる。

 ただ、昨年の天皇賞・春は条件馬のメロディーレーンの紅一点だった。今年は本馬に加え、上記したウインマリリン、カレンブーケドールは間違いなく上位人気に推される有力馬。牡馬にとっての最後の砦は、陥落の大きな危機を迎えていると言っていいだろう。

 しかし実は、この天皇賞・春は16年前「今年以上の危機」に陥ったことがある。

JRA 天皇賞・春(G1)武豊アドマイヤグルーヴ挑戦も霞む「豪州史上最強牝馬」参戦に揺れた16年前の記憶。日本のステイヤーたちを震え上がらせた「魔界」からの使者とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!