NEW

JRA「阪神園芸」もビックリな職人芸!? 超ロングラン開催でも馬場コンディションを守り続けた馬場造園課の尽力

【この記事のキーワード】, ,

JRA「阪神園芸」もビックリな職人芸!? 超ロングラン開催でも馬場コンディションを守り続けた馬場造園課の尽力の画像1

 異例の超ロングラン開催となった今年の阪神開催も残すところあと1週。5月2日には、掉尾を飾る春の天皇賞(G1)が開催される。

 例年なら京都競馬場で行われる伝統の一戦も、今年はご存知のとおり、改修工事の影響で阪神開催。コース替わりに注目する向きもあるが、同時に気になるのが、長期開催で酷使され続けた阪神競馬場の芝状態だ。

 JRAの歴史を振り返ってもこれほど長期間、同一競馬場で開催された例は少ない。その芝状態を確かめるべく、公開されて間もないクッション値の推移とあわせて推測してみたい。

 “通常営業”の阪神開催の例を挙げると、2018年と翌19年はともに開催回数5回で、開催日は42日だった。

 しかし、京都の改修工事が始まった2020年11月から、阪神競馬場の” 苦難”の日々が始まる。

 2020年の開催回数は6回となり、開催日は48日へと増加。工事がスタートした京都開催に替わり、例年は12月に第5回開催となる阪神開催が11月に組み込まれ、さらに12月に第6回開催が行われた。

 そして迎えた2021年は、怒涛の阪神開催ラッシュ。

 2月13日から3月21日までの6週間で計12日の第1回阪神開催を終えると、ぶっ続けで第2回阪神開催に突入。3月27日から6週後の5月2日までの計12日の開催を終えて、ようやくフィナーレを迎えるのだ。

 こうして第1・2回開催ともに12日間、合計24日にも渡る超ロングラン開催を経た阪神競馬場。例年以上に酷使された芝状態は、「劣化して当然」という思い込みのもと、2020年9月から公開されたクッション値を調べてみた。

 クッション値とは、JRA公式サイトでは「馬場のクッション性を数値で表したもの」と定義している。その数値が高ければ、馬場の反発力が高いといい、つまり数値が高ければ「堅い馬場」となり、全体時計や上がり時計の速さと関連するといえる数値だ。

 すると、意外な結果が判明。

JRA「阪神園芸」もビックリな職人芸!? 超ロングラン開催でも馬場コンディションを守り続けた馬場造園課の尽力のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!