NEW

JRA タマモクロスVSオグリキャップ後年語り継がれる「芦毛頂上決戦」と父の悲願を成し遂げた天皇賞制覇・史上初春秋連覇の偉業

【この記事のキーワード】, ,

JRA タマモクロスVSオグリキャップ後年語り継がれる「芦毛頂上決戦」と父の悲願を成し遂げた天皇賞制覇・史上初天皇賞春秋連覇の偉業の画像1

 今から34年前の1987年。4歳(現3歳)クラシックはサクラスターオーの皐月賞制覇で幕を開けた。3冠馬ミスターシービーを思わせる怒涛の追い込みを見せたスプリングS(G2)の走りで俄然注目を集めたマティリアルやゴールドシチー、メリーナイスの世代となる。

 そんな世代で、4歳3月の阪神開催で特に注目を浴びることなくひっそりとデビューし、3戦目で未勝利脱出という地味な条件馬がいた。後の「白い稲妻」タマモクロスだ。

 父シービークロス、母グリーンシャトーと見るところのない地味な血統な上、4歳夏までは400万下(現1勝クラス)を勝ち上がることすらままならない、どこにでもいる一介の条件馬に過ぎない存在だった。

 そんなタマモクロスだったが、10月の京都で400万条件を脱出。翌月には条件特別を連勝して、1500万条件(現3勝クラス)の身で鳴尾記念(G3・当時G2)に挑戦。条件馬の身でありながら3番人気に推され、最後方から追い込み、直線だけで2着のメイショウエイカンに6馬身差をつける圧勝で4連勝を飾る。

 同期の2冠馬サクラスターオーとダービー馬メリーナイスはともに有馬記念で競走中止になり、サクラスターオーはここで命を落とすなど、クラシック組には暗雲。そんな中、タマモクロスは俄然存在感を増し、冬場も休養せず験担ぎで金杯(G3・現京都金杯)に出走。トップハンデを背負いながらも後方一気の追い込みで5連勝をマーク。春の盾取りに向けて動き出す。

 父シービークロスは初代「白い稲妻」と称され、3冠レースの有力馬と目されるほどの実力の持ち主だった。天皇賞には春秋3度のチャンスがあったが、最初の挑戦では追い込んで届かず3着、同年秋の天皇賞(当時東京3200m)も前哨戦をレコードで制して最有力馬に上がったが、繋靭帯炎を発症して回避。翌年春の天皇賞は今年と同じく京都競馬場の改修で阪神に開催が変わり、短い直線の阪神では実力を発揮できず4着に終わり、運が味方しないまま現役生活を終えている。

 そんな父の悲願を達成すべく、3月に阪神大賞典(G2)に出走。いつもと違い、好位追走で抜け出して単勝1.7倍の圧倒的1番人気に応えて6連勝。いよいよ春の天皇賞へ向かう。

 天皇賞でも1番人気に推されたが、4.4倍と戦績の割に圧倒的な支持は得られなかった。続く2番人気は前年の有馬記念を制したメジロデュレンで4.9倍。3番人気は同世代でクラシックも好走したゴールドシチーが続く。

 レースはスローペースで流れ、タマモクロスは中団につけたまま3コーナーから進出し始め、直線で先頭に立つと2着のランニングフリーに3馬身差をつけて圧勝。鞍上の南井克巳騎手(現調教師)に初のG1タイトルをプレゼントすると同時に、父の悲願を達成したのだった。

 7連勝の勢いで宝塚記念に出走。そこには前年の天皇賞・秋(G1)とマイルCS(G1)を制したニッポーテイオーが立ちはだかり、ステイヤーと見られたタマモクロスは2番人気に甘んじる。だが、レースでは先行するニッポーテイオーを直線で捕まえ、2馬身半差のリードをつけて8連勝。ただのステイヤーではないことを証明した。

 この後休養に入り、秋は史上初の天皇賞春秋連覇をかけて天皇賞・秋へ直行することに。そこには、クラシックに出走できなかった「芦毛の怪物」オグリキャップが立ちはだかることになる。

JRA タマモクロスVSオグリキャップ後年語り継がれる「芦毛頂上決戦」と父の悲願を成し遂げた天皇賞制覇・史上初春秋連覇の偉業のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」