NEW

JRA タマモクロスVSオグリキャップ後年語り継がれる「芦毛頂上決戦」と父の悲願を成し遂げた天皇賞制覇・史上初春秋連覇の偉業

【この記事のキーワード】, ,

 オグリキャップはここまで重賞6連勝と怒濤の勢いで、前々走の高松宮杯(G2・現高松宮記念)と毎日王冠(G2)で古馬を圧倒し、天皇賞に駒を進めてきた。クラシックに出走できない地方出身馬オグリにとって、最大の目標がこの天皇賞・秋だったのだ。

 1番人気はオグリキャップで2.1倍、人気を譲ったタマモクロスは僅差の2番人気で2.6倍と評価は拮抗していた。3番人気のダイナアクトレスが7.7倍だったことで、この2頭が抜けた存在だと見られていたことがわかる。

 スタートが切られると、タマモクロスは2番手につける積極策を採る。一方のオグリキャップは中団から前をうかがうレースに徹した。逃げたレジェンドテイオーを直線で交わすとタマモクロスは先頭に立つ。追い込んでくるオグリキャップを待ち構えるように追い出すと、直線では2頭の一騎打ちに。だが、オグリは追ってもタマモクロスに届かず、1馬身1/4差でタマモクロスが勝利した。

 この勝利の意味するところは大きく、日本競馬史上最強馬と謳われたシンボリルドルフすら達成できなかった史上初の天皇賞春秋連覇と、3冠牝馬メジロラモーヌ、オグリキャップに並ぶ重賞6連勝をマークしたのだった。

 オグリキャップとタマモクロスはこのあとジャパンC(G1)に出走。タマモクロスは堂々の1番人気に推されたが、伏兵ペイザバトラーの強襲に屈して2着、オグリは3着とここでもタマモクロスを超えられなかった。

 タマモクロスは有終の美を飾るべく有馬記念(G1)を引退レースに定め、オグリキャップもここに出走。「芦毛頂上対決」の最終章が幕を開ける。

 1番人気はタマモクロス、続く2番人気にオグリキャップが推された。オグリキャップは前走まで河内洋騎手(現調教師)が主戦を務めていたが、陣営はテン乗りで岡部幸雄騎手を指名し、必勝の構えを見せていた。

 レースでは、タマモクロスは再び最後方からの競馬。オグリキャップは中団好位につけて先頭をうかがうが、4コーナーで両馬が順位を上げていくとそのまま直線へ。直線では2頭の激しい叩き合いになったが、今度はタマモクロスが半馬身及ばず、オグリキャップが勝利をもぎとった。芦毛対決に決着をつけ、伝説の5歳(現4歳)シーズンを迎えるのだった。

 天皇賞を連覇したタマモクロスと芦毛の怪物・オグリキャップは史実と同じく『ウマ娘』でも仲良く張り合う関係が描かれている。

JRA タマモクロスVSオグリキャップ後年語り継がれる「芦毛頂上決戦」と父の悲願を成し遂げた天皇賞制覇・史上初春秋連覇の偉業のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  5. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待