NEW

JRA 天皇賞・春(G1)メロディーレーン森田直行調教師がまさかの「ダメ出し」!?さらには衝撃の「重め残り」も……新コンビ池添謙一騎手に託された期待

【この記事のキーワード】, ,
JRA 天皇賞・春(G1)メロディーレーン森田直行調教師がまさかの「ダメ出し」!?さらには衝撃の「重め残り」も……新コンビ池添謙一騎手に託された期待の画像1
池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 5月2日、阪神競馬場では伝統の長距離レース、第163回天皇賞・春(G1)が行われる。

 2019年の菊花賞(G1)で5着に入り、昨年の天皇賞・春では11着に敗れたメロディーレーン(牝5歳、栗東・森田直行厩舎)が今年もエントリー。JRA史上最小馬体重勝利記録を持つ、340キロ台の超軽量牝馬だ。その小さな馬体で懸命に走る姿には、心を打たれるファンも多い。

 今回、新コンビとなる池添謙一騎手と共に、前走の大阪ハンブルクC(OP)10着から巻き返しを図りたいところであるが、管理する森田直行調教師は大敗した前走の乗り方について、「消極的すぎた」とまさかのダメ出しをしている。

 その大阪ハンブルクC。スタートはそれなりに出たものの、あまり行き脚がつかずに、道中は後方寄りを追走。4コーナーを10番手で回ると、そのまま10番手のままフィニッシュ。1着馬から1秒2離された、完敗といって良い内容だった。

 だが、3走前の海の中道特別(2勝クラス)では、道中3番手を追走すると、積極的な仕掛けから直線に向くとすぐに先頭に立ち、そのまま力強く押し切り勝利を収めていた。

 森田師はメロディーレーンについて、「この馬には早仕掛けが合う」と話しており、もともと瞬発力勝負では分が悪いと思っていたからこそ、大阪ハンブルクCでの乗り方にはやや不満があったのかもしれない。

JRA 天皇賞・春(G1)メロディーレーン森田直行調教師がまさかの「ダメ出し」!?さらには衝撃の「重め残り」も……新コンビ池添謙一騎手に託された期待の画像2

 その分、今回新コンビとして白羽の矢が立った池添騎手には、「積極的に乗って欲しい」と期待を託しているようだ。また、池添騎手と森田師のコンビは、大阪杯(G1)であの三冠馬コントレイルに先着した、モズベッロと同じコンビでもある。

「モズベッロのように、池添ジョッキーは合いそう」と森田師は話し、池添騎手も自身のTwitterで、「条件馬でG1、簡単ではないですけど1つでも上の着順を目指して頑張ります!!」とコメント。一発のあるコンビであるだけに、なんとも言えない不気味な雰囲気を醸し出している。

「メロディーレーンは阪神で2勝しており、前走は敗れましたが、もともとは得意としているコース。池添騎手の積極的な仕掛けと、さらには少し馬場が渋りでもすれば、それなりに巻き返せるのではないでしょうか。

ただ、今週の追い切り後、『いつもより動かなかった。体が増えているし、太いのかもしれない』と森田師がコメントしていたのは気になりますね。当日の馬体重はチェックしておいた方が良いかもしれません」(競馬誌ライター)

 馬体重340キロ台の超軽量牝馬に、まさかの「太め残り」の可能性があるという。さらに、もともと追い切りはあまり動かないメロディーレーンが、「いつにもまして」動かなかったそうである。ぜひ当日の気配と馬体重には注意しておきたいところだ。

JRA 天皇賞・春(G1)メロディーレーン森田直行調教師がまさかの「ダメ出し」!?さらには衝撃の「重め残り」も……新コンビ池添謙一騎手に託された期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  4. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  5. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  10. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇