NEW

JRA 天皇賞(G1)にまつわる「7つの秘密」!? 年10回も開催、勝ち抜け制度……「盾」と呼ばれる理由から、皇室と競馬の関係まで!

【この記事のキーワード】, ,

JRA 天皇賞(G1)にまつわる「7つの秘密」!? 「盾」と呼ばれる理由から、皇室と競馬の関係まで! の画像1

 5月2日、いよいよゲートが開く春の天皇賞(G1)。

 数あるG1レースのなかでも、長い歴史を誇るのが天皇賞であり、最高峰の伝統を持つ故に、ベテラン競馬ファンでも知らない“秘密”が散りばめられている。

 例えば、天皇賞のことを「盾」と呼ぶのは何故か。

 春も秋も、天皇賞を制した騎手を「盾男」と呼ぶように、天皇賞の代名詞でもある「盾」というワード。その由来は、表彰式で馬主に下賜(かし:身分の高い人から、くださること)される天皇盾にある。

 実は日本国内レースのなかでも、馬主に直接、手渡しで盾が渡されるレースは、春と秋の天皇賞だけ。天皇賞が「盾」とよばれる“秘密”はここにあった。

 さらにこの盾にも”秘密”がある。これが2つ目。ほかのレースでは手にすることはできない盾であり、元をたどれば天皇陛下から賜(たまわ)った貴重な品物。通常は天皇賞が行われる東京・京都の競馬場で交互に保管されているという。

 万が一、失くしたら保険が適用されないことから、外部業者に輸送を任せず、JRAの職員が複数人で運ぶとのこと。あまりにも由緒ある貴重な盾なので、表彰式ではこの盾を素手であつかうことは許されず、必ず白い手袋をして手渡する。

 今回の天皇賞の表彰式がテレビで映し出されたら、ぜひとも注目してほしい。ちなみに優勝馬主には後日、レプリカが届けられる。

 知られざる3つ目の“秘密”は、天皇賞の起源について。

 日本競馬界屈指の歴史を誇る天皇賞のルーツは、今から100年以上前の明治時代までさかのぼる。1905年創設のThe Emperor’s Cup(エンペラーズカップ)がその起源で、当時は全国の競馬場で年に10回も開催されていたというから面白い。

 その後、昭和時代には「帝室御賞典」と名を変えた同レースは、優勝馬の関係者に盾ではなく、花を飾る豪華な「華盛鉢」や「華盛器」などが下賜された。

 しかし第二次世界大戦に突入すると、日本の国勢は悪化。豪華賞品の資源となる金や銀が不足すると同時に、天皇陛下ら皇族の地位も危ぶまれる状況となった。

 その影響か、終戦後の1947年には「平和賞」と名称を変えて施行され、春の開催では下賜された品物は無かったという“秘密”記録が残っている。

 天皇陛下と天皇賞といえば、平成時代に「天覧競馬」は2度実現している。

JRA 天皇賞(G1)にまつわる「7つの秘密」!? 年10回も開催、勝ち抜け制度……「盾」と呼ばれる理由から、皇室と競馬の関係まで!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とは
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  5. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  6. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  7. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? 「矛盾」するJRA賞結果にファンの非難殺到…戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  9. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  10. JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるか