NEW

JRA 武豊、天皇賞・春(G1)参戦! キタサンブラックで2連覇、キズナで2連敗……平成の盾男と「26戦8勝」の歴史

【この記事のキーワード】, ,

 そんな状況を吹き飛ばしたのが、2006年のディープインパクトだ。無敗の三冠馬であり、単勝1.1倍という圧倒的な支持を集めた同馬に騎乗し、見事レコードタイムで勝利。その強さに誰もが酔いしれた。

 2007年は騎乗がなく、2008年はメイショウサムソンに騎乗するも2着惜敗。2009年はモンテクリスエスで3着、2010年は落馬で骨折し予定していたフォゲッタブルに騎乗できず。2011年は2番人気ローズキングダムに騎乗するも11着に大敗。2012年はウインバリアシオンで3着、2013年はトーセンラーに騎乗するもフェノーメノの2着に惜敗。そして2014年と2015年はキズナに騎乗してともに1番人気に支持されたが、2014年はフェノーメノ、2015年はゴールドシップを相手に敗退している。

 2006年のディープインパクトを最後に勝利がなかったこともあり、世代交代の影がちらついていたが、そんな不安を払拭したのがキタサンブラックとの2連覇だ。

 2016年はカレンミロティックとの激戦を制しハナ差で勝利、2017年は圧倒的な強さを見せてレコードタイムで完勝。負かした相手もサトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ディーマジェスティ、ゴールドアクター、ワンアンドオンリー、レインボーラインといった実力馬がズラリ。現役最強の座を確固たるものとした。

 2018年は騎乗停止でクリンチャーに騎乗できず、2019年は香港遠征のため騎乗できなかった。久々の参戦となった2020年は癖馬キセキと初コンビ。名手への乗り替わりは話題となり、3番人気に支持されるも6着に敗退している。

 以上のように、これまで26回騎乗して8勝2着6回3着4回。勝率30.7%、連対率53.8%、複勝率69.2%という圧倒的な成績となっている。

 ただし傾向もはっきりしており、3着以内の好走は最初の4番人気イナリワンを除きすべて3番人気以内。今回騎乗するディバインフォースは2勝クラスを勝ち上がっただけの格下馬で、人気薄が濃厚。さすがの武豊騎手といえど、同馬で上位に好走するのは至難の業だろう。それでも何かやってのけるかもしれない。多くのファンはそんな期待を抱いている。

 この天皇賞・春で武豊騎手がアリストテレスやワールドプレミア、ディープボンドなどを相手にどんな騎乗を見せるか、その一挙手一投足から目が離せない。


■武豊騎手・天皇賞・春成績

1989年 1着 イナリワン
1990年 1着 スーパークリーク
1991年 1着 メジロマックイーン
1992年 1着 メジロマックイーン
1993年 2着 メジロマックイーン
1994年 2着 ナリタタイシン
1995年 3着 ハギノリアルキング
1996年 16着 カミノマジック
1997年 3着 マーベラスサンデー
1999年 1着 スペシャルウィーク
2000年 2着 ラスカルスズカ
2002年 2着 ジャングルポケット
2003年 3着 ダイタクバートラム
2004年 13着 リンカーン
2005年 11着 アドマイヤグルーヴ
2006年 1着 ディープインパクト
2008年 2着 メイショウサムソン
2009年 12着 モンテクリスエス
2011年 11着 ローズキングダム
2012年 3着 ウインバリアシオン
2013年 2着 トーセンラー
2014年 4着 キズナ
2015年 7着 キズナ
2016年 1着 キタサンブラック
2017年 1着 キタサンブラック
2020年 6着 キセキ

【8,6,4,8】勝率30.7% 連対率53.8% 複勝率69.2%

JRA 武豊、天皇賞・春(G1)参戦! キタサンブラックで2連覇、キズナで2連敗……平成の盾男と「26戦8勝」の歴史のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇