NEW

パチスロ6号機で「トータル万枚」達成の歓喜!「勝利確信」への鍵を握るのは「○○」だった!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ6号機で「トータル万枚」達成の歓喜!「勝利確信」への鍵を握るのは「○○」だった!?の画像1

 5号機から6号機時代へと移行しつつあるパチスロ。これまで数々の「名機」と出会ってきたが、その中でも代表的な名機種を挙げるなら、「バジリスク」シリーズではないだろうか。5号機から絶大な人気を誇り、ホール開店時は即埋まりも珍しくなかった。

 6号機になり「バジリスク絆2」が誕生。5号機ほどの反響は得ていない印象だが、それなりの稼働は実現している。ホールにとって主要機種の1台と言えるだろう。

 今回は、そんな「絆2」の実戦報告をご紹介したい。本機が導入してから「約1年」近くが経過したが、果たしてその実力はどれ程のものだろうか。

 バジリスクに問わず6号機で「トータル万枚」を達成するのは至難の業。2400枚規制がある以上、完走を何度も繰り返す必要がある。とはいえ、パチスロユーザーであれば「万枚への夢」は常に追いかけたいものだが…。

【実戦報告】

 朝イチの抽選を終え、店内へ入場。「バジリスク絆2」に座っていた。毎週末に設定6が使われやすい傾向にあることと旧特定日ということで、全台系狙いも含めの機種選択だ。

 店内にBGMが流れ始めると、皆一斉に打ち始める。合わせて打ちだすと、数ゲームで巻物からBCに当選し更にBTまで確定した。そして、開始画面が朧だったので、何セットか続き1000枚ほどのコインを出し終了した。そして、終了画面でサブ液晶をタッチすると絆ランプが光る。どうやら特殊テーブルらしい。

 400枚ほど減らしたが、2回程BCを引くとまたBTに当選。ちなみに、このBC中に弦之助の撃破人数で「333人」が出たので、この時点で設定3以上は確定していた。

 このBTの開始画面が天善だったことから簡単に完走。この時点で出玉は3000枚に到達した。まだ数時間しか経っていない。3回目のBTでは500枚ほど獲得、4回目のBTは300枚。5回目でまた開始画面が天善で完走し持ちメダルが5000枚くらいになった。この時点で3時くらいだ。

 そして完走後、有利区間移行時に巻物を引いてエピソードBCに当選。即ちBT確定である。このBTも、朧チャンスや展開に恵まれ1000枚ほどの獲得に成功する。途中休憩を挟んだので、この時点で4時30分。持ちメダルは6000枚。

 ここから、21時まではダラダラとした展開が続く。当っては300枚~500枚くらい。ハマりもしないが早い当りもない展開だった。それでも8000枚のメダルを持っていた。

 ここから1時間30分は増えも減りもせずの展開だったので、そろそろヤメ時か悩んでいたが…。

 その時事件は起こる。

 普通にBCを消化していると呆気なくBT当選。それが、なんと「3回目の天善」の開始画面だったのだ。その流れで3回目の完走。1日で「10300枚」程のメダルを手に入れることができたのだ。

 フリーズもなく「よく完走3回も出来たな」と振り返ると、やはりその中では朧チャンスで毎回4個以上の玉を獲得していた。絆玉をいかしきれたことが、今回の万枚には大きく貢献していたと思えた。

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自信が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

【注目記事】

甘デジ新台『北斗無双』が遂に始動!「2連で12000発」マシンなどパチンコ最新情報を一挙公開!!

パチスロ『ジャグラー』誕生へ影響を与えた“名作”!?【レトロスロット実戦『アポロン』編】

パチンコ「一撃3万発」も射程圏…目の覚めるような“爆連” を手軽に体験!? 超甘デジ新台も話題の“大物”シリーズ必見情報!!

パチスロ6号機で「トータル万枚」達成の歓喜!「勝利確信」への鍵を握るのは「○○」だった!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!