NEW

パチスロ新台「自力が勝敗を左右」する!?「トリプル抽選」を採用した「新スペック」を徹底考察!

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ新台「自力が勝敗を左右」する!?「トリプル抽選」を採用した「新スペック」を徹底考察!の画像1

 大手メーカー「ユニバーサルエンターテインメント」のグループ会社で「エレコ」は、『バジリスク絆』など名機種を生み出したことでも知られている。そんな「エレコ」から、人気アニメ「アルドノア・ゼロ」のタイアップ機がパチスロ機でデビューを果たす。

『SLOTアルドノア・ゼロ』(エレコ)

 本機は純増約2~4枚のAT「アルドノア・ゼロ」をメインに出玉を伸ばす、自力感満載のAT機だ。

 通常時は、トリプル抽選を採用。ゲーム数では「ハイパーゲート(アセイラムチャンス前兆)」、レア役ではCZ「スレイプニールモード(ボーナス期待度40%)」、ポイントはCZ「タルシスモード(ボーナス期待度40%)」と、様々な要素から「ビッグボーナス(BB)」を目指すゲーム性となっている。なお、アセイラムチャンス(疑似ボーナス)はBB昇格ゾーンとなり、昇格期待度は「約30%」だ。

 BBは、20G/純増4枚、バー揃いやレア役の一部で「キープオンタイム(KT)」のストック抽選を行う。BB終了後はAT突入に期待できる。

 ATは純増約2~4枚、継続ゲーム数「30G+α」。重要なポイントは、とにかくベルを引きまくること。ベルを引くことで上部のメーターが上昇し、レベルに応じて継続バトルの回数が変化する。つまり、ATが継続するかどうかを大きく左右するというわけだ。

 本機の印象は、ベースが高いにも関わらず、アセイラムチャンス&AT初当りの合算確率も軽めで「打ちやすそうな台」というもの。上位ATに突入すれば一撃で完走(2400枚)も狙えなくはないが、基本的に細かい出玉を積み重ねていく機種だと考えている。

 やはり注目したいのは「自力要素」があらゆる場面で出現する点。特にCZ中は、ベルのヒキ次第でボーナスに直結するかどうかが大きく左右される。「ベルを制すものが本機を制す」と言っても過言ではないだろう。

 高設定は比較的安定感がある印象で、波が荒くないこともロングヒットに繋がる可能性はある。今後の動向に期待したいところだ。

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自信が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

【注目記事】

パチスロ「万枚マシン」を進化継承させた「爆裂6号機」いよいよデビュー! 各種要素に着目して初陣から勝利を目指せ!!

甘デジ「大当り確率1/69」で「一撃2万発」も射程圏内!? 「激アマ」の超ループRUSHが更に進化!!【新台分析- P地獄少女 きくりのお祭りLIVE-編】

『ミリオンゴッド』級の爆裂パチンコ!「一撃10万発」を吐き出す超RUSHなら「100連」は余裕!?

パチスロ新台「自力が勝敗を左右」する!?「トリプル抽選」を採用した「新スペック」を徹底考察!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!