NEW

パチスロ『ジャグラー』誕生へ影響を与えた“名作”!?【レトロスロット実戦『アポロン』編】

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ『ジャグラー』誕生へ影響を与えた名作!?【レトロスロット実戦『アポロン』編】の画像1

 レトロパチスロ実戦。今回は北電子の3号機『アポロン』です。

 1990年に登場したアポロンですが、これをご存知の多くの方は裏モノ『BIG5連チャンVer.』を思い浮かべると思います。

 一度ボーナスを引くと大抵はその名の通り、BBが5連チャンします。基本的には5連とハマりを繰り返すというゲーム性でハイエナも有効なようでした。

 もちろんこの裏モノはメーカーとは無関係な業者がチューンアップさせたモノなのですが、私自身は現役時代にこの5連アポロンを打った事はありません。

 攻略誌などでその存在は認知していましたが、何故か周囲にはノーマルしかなかったのですね。おそらくは地域性もあるのでしょう。

 本来のアポロンのゲーム性としては、BBとRBのみで構成されるオーソドックスなAタイプでした。

 BBである7絵柄とRBであるコウモリ絵柄の一直線の並びは、ちょいちょいガセるといった感じ。ただし左チェリー+(7orコウモリ)+(7orコウモリ)という組み合わせは信頼度もUPします。

 7絵柄がとてもカッコ良いのですが見た事のある十字星が添えられていますね。そうなんです、これはジャグラーの7絵柄にもある十字星と同じ✧なんです。ジャグラーのそれとは大きさこそ違いますけど。

 アポロンの前身機にも当たる2号機『ガリバースペシャル』で初めて7絵柄に十字星が付き、『アポロン』、『クリエーター』、『サーカス』と続き『ジャグラー』へと受け継がれていきます。

 高確率でリーチ目だったアポロンから完全リーチ目+告知ランプ付きのクリエーターに。次に同じ仕様でモチーフがピエロのサーカスが生まれ、そしていよいよ、告知ランプが『GOGO!』へと変更され、ついにジャグラーが誕生したのです。

 そう考えるとこのアポロンなくしてはジャグラーもなかったのかも知れませんね。そしてこのジャグラーが、現代パチスロ史上においてこれ程の存在になるとは…。当時の誰にも予想はできなかったのかも知れません。

 そのジャグラーも5号機のシリーズにおいては撤去期限が迫っており、今後の市場動向なども非常に気になるところですが…。

 さて、実戦ですが今回は初となる『5連Ver.』とのご対面です。

 何やら聞いた話によるレトロ機市場においてはノーマル機の方が希少なようで、現存するアポロンの多くはノーマル以外なのだとか。

 しかし相変わらずRBであるコウモリ絵柄が見えづらい…。アポロンに限った事ではありませんが昔のパチスロ機はリールも細く、絵柄が見にくい機械というのがザラに有りました。

 そして早速リーチ目、ガセらず無事ボーナス成立で777、そこからきっちり5連チャンです!

 楽しい!!

 ノーマルのアポロンも好きでしたがやはり裏モノには裏モノの良さがありますね。堪能しました。

(文=電撃しらっち)

【注目記事】

パチンコ店スタッフ「精神崩壊」の危機!? 過去最長のGWに起きた“悲劇”とは

甘デジ新台「ALL10R」×「約83%継続」の超激アツRUSH!「魅惑のループ」が歓喜の連チャンを呼ぶ!!

パチンコ「103連4万発」の激アツ報告!「最強最速」と評される「怪物マシン」を攻略!!

パチスロ『ジャグラー』誕生へ影響を与えた“名作”!?【レトロスロット実戦『アポロン』編】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!