NEW

パチスロ打ちにも響く名曲。「マッパチ」のCDプロジェクトにも影響を!?【濱マモルの のほほんコラムVol.94~未体験ゾーン~】

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ打ちにも響く名曲。「マッパチ」のCDプロジェクトにも影響を!?【濱マモルの のほほんコラムVol.94~未体験ゾーン~】の画像1

「これ、なーんだ?」

パチスロ打ちにも響く名曲。「マッパチ」のCDプロジェクトにも影響を!?【濱マモルの のほほんコラムVol.94~未体験ゾーン~】の画像2

 ケニアに住む妹から、写メが送られてきた。なにかの動物の尻尾かと返したところ、妹からは「未体験ゾーンだよ」との返信。可哀想に、飼い犬が散歩中に刺されたのだそうだ。

 我が兄妹はこれで話が通じたが、理解不能な方々に説明すると、未体験ゾーンとはバンド「山嵐」が1999年にリリースしたセカンドアルバムにして名盤のこと。要するに、写メの正体はヤマアラシの棘だったのである。

 日本におけるミクスチャーロックの先駆けとも評される山嵐のメンバーは、パチスロ好きでも知られている。ボーカルのKOJIMA氏は過去、パチスロ必勝ガイドNeoで「山嵐の前の静けさ」を連載しており、同じくボーカルのSATOSHI氏と共に、何度か連れスロさせていただいたこともある。

 そんな彼らだけに、先の名盤・未体験ゾーンには「リール制御」なる楽曲が収録されている。パチスロ打ちについて歌いつつも絶妙に韻を踏んだ歌詞と、その演奏はやたらとカッコよく、当時は毎日のように聴きまくったものであった。

 ところでアタシは過去、勝手に我が師と仰ぐアニマルかつみ兄さんのパチスロユニット「THE MAD PACHI-SLOT BROTHER’S」、通称マッパチのCDプロジェクトを担当させていただいた。

 2000年にマキシシングル「2/16384」をリリースし、その後、「SLOT-ISM」「SLOT-ISM2」と2枚のオムニバスアルバム、「SLOT-ISM DVD」と映像作品を発売。おかげさまでどれも高セールスを記録したのだが、実のところアタシがそのCDプロジェクトを思いついたのは、山嵐のリール制御を聴いたからなのである。

 元々、アニマルかつみ兄さんは「WOLF」というバンドでメジャーデビューをされたプロのベーシストでもある。相方のガル憎さんもパンクバンドでの活動経験があり、そんなお二人がリール制御のようなパチスロについて歌った楽曲をパチスロのスペシャリストとして制作すれば、パチスロファンに共感してもらえるのではないか…と考えたのであった。

 当時は大量獲得機の代名詞とも言える『オオハナビ』、史上初の液晶ディスプレイ搭載機『ゲゲゲの鬼太郎』などが登場し、パチスロシーンは盛り上がっていた。それに加えて、翌年には爆裂AT機の草分け的存在である『獣王』が誕生。お二人の創作センスが抜群な上に土壌も整っていたことから、様々な人々の協力を得られ、多数の作品、全国でのライブイベントに携わることができたのである。

 そんなマッパチは今月でコンビ結成、活動(連載)開始から25周年だそうだ。お二人には「おめでとうございます」と心からの祝辞を述べると共に、これからもパチスロシーンを引っ張っていただきたいと思う次第でございます。それと、今後もアタシと仲良く遊んでやってくださいませ。
 
(文=濱マモル)

パチスロ打ちにも響く名曲。「マッパチ」のCDプロジェクトにも影響を!?【濱マモルの のほほんコラムVol.94~未体験ゾーン~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!