NEW

JRA青葉賞(G2)出るかC.ルメールのお家芸!? 東京2400mでドゥラメンテ産駒が真価発揮か【八木遊のフォーメーション馬券予想】

【この記事のキーワード】

, ,

JRA青葉賞(G2)出るかC.ルメールのお家芸!? 東京2400mでドゥラメンテ産駒が真価発揮か【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像1

 1日(土)、東京競馬場では日本ダービー(G1)の前哨戦、青葉賞(G2)が行われる。このレースで歴代最多の4勝を挙げている藤沢和雄調教師は、来年に迫った定年を前にキングストンボーイを送り込む。

 1番人気が濃厚の5枠10番キングストンボーイ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。ここは素直に「◎」を打ちたい。青葉賞の勝ち方を熟知する藤沢調教師の手腕に加え、鞍上のC.ルメール騎手も同馬の重賞初制覇を後押しする。

 2月にフェブラリーS(G1)を勝って以降、重賞をなかなか勝てずにいたルメール騎手だが、先週のフローラS(G2)をクールキャットで制し、連敗を「15」でストップした。こういう時のルメール騎手は一気に勝ち鞍を重ねるのがお家芸。重賞2連勝を飾って、翌日の天皇賞・春(G1)を迎える可能性大とみる。

 キングストンボーイ自身も、この世代の強豪相手に互角の走りをしてきた。前走の共同通信杯(G3)では4着に敗れたが、先着を許したのは皐月賞(G1)馬のエフフォーリア、スプリングS(G2)を勝ったヴィクティファルス、そして毎日杯(G3)覇者のシャフリヤールという3頭。ルメール騎手は前走後、「スムーズなら2着はあったかもしれない」とも話しており、メンバーが落ちるここでは勝ち負け必至だろう。

 これまで1600~1800mの経験しかなく、一気の距離延長を不安視する声も聞かれるが、父ドゥラメンテは同じ東京2400mのダービーで高いパフォーマンスを発揮。半兄エポカドーロもダービーで2着に入っており、この距離でもまったく問題ないとみる。

「○」には、同じドゥラメンテ産駒の3枠5番ワンデイモア(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)を抜擢する。

 4代母はメジロ牧場の基礎繁殖牝馬の一頭でもあるシエリルで、スタミナ豊富なメジロ牝系は何とも心強い。距離延長は確実にプラスに働くだろう。

 前走の弥生賞(G2)ではタイトルホルダーから0秒9差の7着に敗れたが、超スローペースのなか、後方から流れ込むだけだった。前走は度外視していい。陣営は今回も後方からの競馬を示唆しており、ある程度ペースが流れ、馬群がばらける展開になれば、まとめて差し切る可能性もあるだろう。

「広い東京は良さそうですね。能力はここでも足りますよ」と陣営も色気たっぷり。キングストンボーイとのドゥラメンテ産駒ワンツーフィニッシュを期待したい。

「▲」は8枠18番モンテディオ(牡3歳、栗東・四位洋文厩舎)。開業1年目の四位調教師は3度目の重賞挑戦で目標のダービー制覇に向けたビッグチャンスを迎える。

 勝ち上がりに5戦を要したモンテディオ。「1-4-2-0」という成績が示す通り、安定感は抜群。相手なりに走る堅実さが売りだ。昨年10月の東京2000m未勝利戦で2着に食い込んだが、この時の勝ち馬がワンデイモアだった。

 長くいい脚を使うタイプで大外枠は決して簡単ではないが、池添謙一騎手の積極的な騎乗に期待したい。2~3着付けで高配当を狙う。

JRA青葉賞(G2)出るかC.ルメールのお家芸!? 東京2400mでドゥラメンテ産駒が真価発揮か【八木遊のフォーメーション馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!