NEW

パチスロ「最狂連チャン機」はどれだ!?「大物」たちが採点…「今後の6号機」に関する予想も注目!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「最狂連チャン機」はどれだ!?「大物」たちが採点…「今後の6号機」に関する予想も注目!!の画像1

 連チャン。パチンコ・パチスロ好きにとってはこれ以上ない甘美な言葉であろうが、振り返ればパチスロには数々の連チャンシステムが存在した。

 1.5号機時代には吸い込み方式によるドラマチックな連チャン。2号機から4号機中期頃までは違法ロムによる、いわゆる裏モノが局地的に蔓延し、多くの中毒者を生み出した。

 4号機中期以降は爆裂AT機時代が到来。AT機が衰退し始めるとストック(ST)機が台頭し、意図的な連チャンは時として裏モノ以上の爆発力を見せた。

 5号機時代にも多くのAT・ART機が登場。ゲーム数上乗せやシナリオ管理による次セット継続など、様々な出玉性能が誕生した。

 どれを以てして連チャン機と捉えるかは、人それぞれであろう。連チャンと言えば「やはりボーナス連」と考える人もいれば、「AT・ART機のセット数連」を真っ先に思い浮かべる人もいるであろうが、先日発行のガイドワークス「パチスロ必勝ガイド6月号」では、そんな歴代連チャン機をひと括りとして「連チャン機ジャーナル」を開催。歴代最狂のマシンを決めている。

 エントリーされたのは、1.5~3号機からは『ニューペガサス』『アニマル』『アラジン』『ワイルドキャッツ』『グレートハンター』などで、4号機裏モノからは『ビガー』『ウイリーチャンプV』『キングガルフ』など。

 4号機CT・ART・ATからは『ウルトラマン倶楽部3』『アステカ』『獣王』『サラリーマン金太郎』『ミリオンゴッド』など、4号機STからは『キングパルサー』『島唄30』『パチスロ北斗の拳』『吉宗』『南国育ち』『押忍!番長』などが名を連ねる。

 採点者はアニマルかつみ、山本コーラ、グレート巨砲、ガル憎、まりも、河原みのり、玉ちゃんなど、ベテランから若手まで総勢31名が担当。各人の採点と共に、機種への熱い想いを綴ったコメントも必読だ。

 果たして、栄えある連チャン機第1位に輝くのはどのマシンなのか。気になる結果は、自身の目で確かめていただきたい。

 なお、当企画ラストでは有識者たちが「今後の6号機における連チャン」を大予想している。

 当サイトでも既に報じた通り、6号機は「有利区間上限の延長」という内規の変更が正式に発表されたことから、こちらもファンにとっては気になる内容と言えるであろう。

【注目記事】

パチスロ店長「全台設定6だから!」発言に驚愕…「ジャグラーの日」に異例の大赤字!?「伝説」と語り継がれる忘れられないエピソード

パチスロ「超高確率ボーナス」が魅力!「人気スピンオフ」シリーズ最新作が始動!!

甘デジ「時短1000回超」搭載の激熱スペック! 大量出玉の期待度は「○○」レベル!

パチスロ「最狂連チャン機」はどれだ!?「大物」たちが採点…「今後の6号機」に関する予想も注目!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!