NEW

パチスロ5号機以上の「自力感」!? 「ヒキで大勝ち」を狙える6号機を特集!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ5号機以上の「自力感」!? 「ヒキで大勝ち」を狙える6号機を特集!!の画像1

 パチスロ6号機と聞いて、皆さんはどのようなイメージを抱いているだろうか。

 SNSやYouTubeコメントなどインターネットの声を見てみれば「出来レース」や「天井がデフォルト」であったり、あまりポジティブではない言葉が目立つ。

 確かに高設定ほど特定の挙動になりやすい機種や、低設定では大ハマり頻度が高いマシンが存在することは事実だ。

 しかし、昨今のパチスロシーンでは「自力感」を強調したゲーム性のマシンがトレンドとなっており、各メーカーも「自力」を意識した設計を行っていることが伺える。

 6.1号機の「低ベース化」は、その動きに拍車をかけたと言っても過言ではない。現在では低投資で大勝ちといった状況も珍しくはないのだ。

 そこで今回は「自力」で「ヒキ勝負」できる6号機ATをピックアップ。著者の独断と偏見でご紹介していきたい。

○○○

『政宗3』(大都技研)

 言わずと知れた強烈な荒波が特徴のマシン。ホール関係者によると「設定6で4000枚飲んだ」や「設定1で7000枚出た」などもはや制御不能という意見もチラホラ見受けられる。

 特に自力感が強い部分はCZとATだろう。CZ「不動ノ極意」はベルやリプレイなど小役入賞でも成功率大幅アップ。

 ATでは助玉に表示された役を上手く引ければ完走まで終わらないイケイケ感が味わえる。

『パチスロ頭文字D』(Sammy)

 導入当初より根強い人気を誇るマシン。6号機嫌いのユーザーでも「頭文字Dだけは別」といった評価を受けている印象が強い。

 特に5号機A+ ARTファンの心を掴んで離さないようで、パチスロにおいてリアルボーナスの存在は偉大だと感じさせる。

 スペックはオーソドックスに纏まっており、自力感の塊。CZやボーナスからATを目指し、AT中は「弱点役」を引くことがロング継続のキモとなる。

パチスロ5号機以上の「自力感」!? 「ヒキで大勝ち」を狙える6号機を特集!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!