NEW

パチンコ新台「軽くても強力な10R比率」…「継続率約80%」「シリーズ初〇〇」も魅力の「爆発機」を考察!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ新台「軽くても強力な10R比率」…「継続率約80%」「シリーズ初〇〇」も魅力の「爆発機」を考察!!の画像1

 パチンコメーカー「ニューギン」の看板機種と言えば、「花の慶次」シリーズ。これまで数多くの機種がデビューを果たしている。

 そんな「花の慶次」最新作が降臨。シリーズ初となる「時短突破型×転落抽選」を搭載した仕様でホールに熱狂を呼び込む。

『P花の慶次〜蓮 199ver.』(ニューギン)

 通常時の大当り確率「1/199.8(1/67.91)」、遊タイム搭載の「時短突破型」×「V確転落抽選タイプ」。

 通常時の初当りは99%が3R通常(時短100回)となり、ラウンド終了後は「天下道MODE」に突入する。限りなく薄いが、初当り時の1%でRUSH直行だ。

「天下道MODE」は、 時短100回で大当り確率「1/199.8」の当りを目指す。見事引き戻すことができれば、「天下無双RUSH」に突入となる。

 本機の出玉獲得のメインが「天下無双RUSH」だ。転落抽選タイプの確変となり、転落確率「約1/131」を引く前に大当り確率「1/67.91」の当りを引き続け、出玉を増やしていくゲーム性である。トータル継続率は約80%だ。

 転落を引いた場合でも、電サポ150回までは継続演出が発生。最終ゲームで継続ジャッジが行われ、転落を引いていなければRUSH継続となる。

 スペックを見る限り、時短突破型だけあって、RUSH中は継続率「約80%」、特図2の大当りは70%で10R(1300個)と十分な破壊力を備えている。

 問題なのは、RUSHに突入できるかどうかだ。RUSH突入率は約41%、それなりにハードルが高いにも関わらず、RUSHに入ったとしても「転落抽選」が設けられている。その点はポイントとなりそうだ。

 ネット上の声を拝見しても、「時短を突破しても転落が待っているから…」「転落抽選搭載は甘くないのでは?」など、懸念を抱くユーザーも多数いるようである。

『花の慶次〜蓮』シリーズは、「319ver.」も導入されているが評判は様々だ。今回のライトミドルの導入は、メーカー側も気合が入っているはず。期待したいところだ。導入予定台数が「約8500台」、ホールあたり1台~5台程度導入される見込みではないだろうか。

 個人的な感想としては「神スペック」とは言い難い。しかし遊タイムが浅めであること、爆発力も備えていることは好評を得られるかもしれない。ロングヒットする可能性も十分にあるだろう。

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自信が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

【注目記事】

パチンコ「3日連続で5万発」を叶えた驚愕の“攻略法“!? 「莫大な利益」を生み出す…「撤去待ったなし」だった技術介入マシン!!

甘デジ勝ちを狙える「切り札」が発動!「覇権タイトル」×「突破型」で連敗から脱出!?

パチスロ新台『北斗の拳』を超える可能性!? 究極の「自力感」の評価は…【初打ち実戦速報-パチスロ-編】

パチンコ新台「軽くても強力な10R比率」…「継続率約80%」「シリーズ初〇〇」も魅力の「爆発機」を考察!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!