NEW

甘デジ「脱・連敗」の“妙技”が炸裂!「泥沼の展開」から一転…「10万発」の道が開かれた!?

【この記事のキーワード】

,

甘デジ「脱・連敗」の妙技が炸裂!「泥沼の展開」から一転…「10万発」の道が開かれた!?の画像1

 なかなか思うように調子と結果がついてこないパチンコ10万発シーズン5。やはり落ち目のときはメンタルも弱気になるもので、もうこれ以上負けたくないという心理が働いてしまうものである。

 これまで一発長打を狙うことが多かったが、今回はおとなしく無難な機種から。というわけで『PA大海物語4スペシャルWithアグネス・ラム』からスタート。遊タイムもあるので最悪でも現状の回転数112から200回くらいのハマリで済む。

 遊タイムには「気軽に手を出しづらい」「店の扱い方が慎重になる」など、さまざまに批判的な意見があるが、引き弱の私はハマリ救済措置のありがたみを身にしみるほど感じている超賛成派である。

 とはいえ、まさか300回転ハマるとはこの時点で想像していなかったが、きっちり低確299回転ハマって遊タイムに突入した。いやあ、青天井ならナンボほどいかれるか、想像しただけで恐怖である。

 もちろん、遊タイムで発動する379回転の時短でも当らないことはありえるが、約98%という超確率で大当りを引き出せる。この場面でも375回転で泡ノーマルから大当りをゲット。しかしながら、偶数図柄で電サポ25回転という1番ダメな結果となった。

 当然、時短15回転では引き戻しに期待できないのでSTの連チャンに期待したがアツそうな演出がかからずSTを消化するとそのまま時短も突っ切って終劇。安定を狙ったのに、大きく収支を後退させることに。

 かの天才打者・イチローの名言、「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。けして諦めない姿勢が何かを生み出すきっかけをつくる」を思い出した。悪い流れの真っ只中にいる今こそ、逆にここは攻めるべきではないのか。

 そこで選んだ機種が『PA花の慶次~蓮』である。ループ率70%でしかも大当りの半分が1000発出玉と破壊力抜群のマシンだが、これまですこぶる相性が悪く、50%のV確はけっこう引けるものの、まともに連チャンしたことがないという私にとっていわく付きの機種なのである。

 だからこそ、あえてこのマシンで勝負した。そして、見事にその挑戦は成功したのである。20回転そこそこで大当りをゲットすると、ラウンド演出でギミックが完成しV獲得。天下無双RUSHに突入したのである。

 RUSHは3発と振るわなかったものの、1000発当りを2回引っかけ2500発。これまでまるで結果を残せなかった機種だけに、もう完勝といっていいほどの内容である。さすがイチロー先生。その崇高な言葉に従ってよかった。

 こうなるともうイケイケで、続くマシンも爆裂ぐあいに定評のある『ぱちんこCR真・北斗無双 夢幻闘乱』で畳み掛けを狙うが、大当りまで150回転ほどかかったうえに突破ならずで、またしても負債を進行させてしまうのであった。まさに勇み足サミー。はしゃいでるだけのバカであった。

【E店】
・今回のトータル出玉 -2127発(総収支 -4659発)
・実戦機種 3台(計11台/20台)

これまでの結果
A店【実戦機種26台、コンプリート(大当りさせた)台、16台/33台中・収支 -12249発】
B店【実戦機種21台コンプリート、収支 -16314発】
C店【実戦機種40台コンプリート、収支 +3917発】
D店【実戦機種20台コンプリート、収支 +12249発】

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】

甘デジ「歴代最強」の“勝てた台”を大公開! 収支は軽く「5万発オーバー」のプラス…意外過ぎる「伏兵」とは

パチンコ“連チャン”の象徴「RUSH」を広めた火付け役!? リーチと出玉でファンを魅了した傑作!!

パチンコ「新たな“無双”フィーバー」到来か!?「スペック文句なし」の本命は…話題の「激アツ新台」をピックアップ!!

甘デジ「脱・連敗」の“妙技”が炸裂!「泥沼の展開」から一転…「10万発」の道が開かれた!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!