NEW

嵐・相葉雅紀も、武豊も大絶賛のC.ルメール「伝説」の神騎乗! デムーロ×ルメールの「ライバル関係崩壊」を告げた2017年日本ダービー(G1)のドラマ

嵐・相葉雅紀も、武豊も大絶賛のC.ルメール「伝説」の神騎乗! デムーロ×ルメールの「ライバル関係崩壊」を告げた2017年日本ダービー(G1)のドラマの画像1

 2日、『サンデースポーツ』(NHK)の「アイバズ」に出演した嵐・相葉雅紀が、JRAのC.ルメール騎手と対談。知られざるトップジョッキーの素顔に迫った。

 ジョッキー御用達の某スポーツジムで初対談を行った相葉とルメール騎手。フランスのトップジョッキーが日本への移籍を決意した背景や、日本で4年連続リーディングを獲得した秘訣など、詳細はNHKの見逃し配信などでご視聴いただきたいが、中でも大きく取り上げられたのが2017年の日本ダービー(G1)だ。

 レイデオロとのコンビで、ルメール騎手にとっても初の日本ダービー制覇となった一戦は、今でも「ルメール騎手のベストレース」として、競馬ファンの間でも語り草になっている伝説的なレースだ。

「このポジションからは絶対に勝つことができないと思ったので、1秒半くらいで判断した」

 番組内でルメール騎手がそう振り返ったレースは、日本ダービー史上でも稀に見る超スローペースだった。後方に位置したレイデオロとルメール騎手は、向正面で一気に前へ進出。14番手から2番手までポジションを上げると、見事そのまま押し切ってしまった。

 この騎乗には、ダービー5勝を誇る武豊騎手も「ダービーですからね。大舞台で自分の判断で動いて結果、裏目に出ると責められることもあるだろうし、そこで迷いなく行動に移したところが凄いと思います」と絶賛。最後には「ちょっと褒め過ぎたかな?」とおどけた。

 この一戦でルメール騎手はますます評価を高め、日本でのトップジョッキーの地位を確固たるものにした。

 その一方で、このダービーを機に低迷し始めたのが、1番人気のアドミラブルに騎乗していたM.デムーロ騎手だ。

嵐・相葉雅紀も、武豊も大絶賛のC.ルメール「伝説」の神騎乗! デムーロ×ルメールの「ライバル関係崩壊」を告げた2017年日本ダービー(G1)のドラマのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!