NEW

JRA京都新聞杯(G2)アドマイヤビルゴの「二の舞」でルペルカーリア&レッドジェネシスは余裕の“消し”!? 本命は“展開利”見込める超大穴【八木遊のフォーメーション馬券予想】

【この記事のキーワード】

, ,

JRA京都新聞杯(G2)アドマイヤビルゴの「二の舞」でルペルカーリア&レッドジェネシスは余裕の消し! 本命は展開利見込める超大穴【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像1

 8日(土)、今年は中京競馬場で京都新聞杯(G2)が行われる。

 先週の青葉賞(G2)は3着馬まで印を回していたが、勝ったワンダフルタウンを「×」にとどめていたため、惜しくも的中とはならなかった。今週の3歳重賞は少頭数ながら、波乱含みとみて攻めの予想を展開していきたい。

 まず、上位人気が予想される友道康夫厩舎のルペルカーリアとレッドジェネシスはそろって“消し”という判断を下した。もちろん素質馬2頭のワンツーとなる可能性もあるが、それぞれ少なくない不安要素を抱えている。

 母がシーザリオということでデビュー前から注目度の高かったルペルカーリア。その血統背景から、今回も過剰人気になるのはまず間違いない。

 気になるのは父モーリス産駒の傾向だ。前走から中6週以下というやや詰まったローテーションの時は勝率が9.1%。一方、中7週以上の時は17.4%と2倍近くに跳ね上がる。間隔を空ければ空けるほど、好走率は高くなる。

 ルペルカーリア自身も未勝利勝ちは4か月ぶりのレースだった。今回は4着に敗れた毎日杯(G3)から中5週と凡走パターン。最終追い切りがポリトラックというのもマイナス材料とみる。

 そのルペルカーリアと人気を分け合うことが予想されるレッドジェネシス。前走のゆきやなぎ賞(1勝クラス)は強い勝ち方だったが、こちらは逆に間隔を詰めたほうがいいタイプ。これまで挙げた2勝は、中1週と中2週というローテーションだった。

 今回は中7週とやや間隔を空けての一戦で、厩舎スタッフは「トモの甘さや体の緩さが残る現状。気性面でも集中してなかったりとムラがあります」と不安を隠さない。名門・友道康夫厩舎は昨年1番人気で4着に敗れたアドマイヤビルゴを含めて、これまで8頭をこのレースに送り込んでいるが、「0-0-0-8」とまったく結果が出ていない。

 友道厩舎が誇る実力馬2頭がそろって着外に飛ぶ可能性も十分あるとみる。

 そこで「◎」に抜擢したいのが、未勝利戦を勝ったばかりで人気薄が予想される5枠5番ブレークアップ(牡3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)だ。

 昨年10月にデビューしたが、2戦続けて1秒以上離されての大敗を喫した。しかし、今年1月の3戦目で一変。9番人気ながら、後方待機から4角で先頭に並びかけるマクリの競馬で2着に好走した。続く4戦目は今回と同じ中京2200mで後方から上がり最速の末脚を繰り出し3着。そして、前走は内枠を活かして逃げると、後続に3馬身半差をつけ勝ち上がった。

 今回は他に逃げたい馬は見当たらず、ハナを主張する可能性は高い。セオリー通り、人気薄の逃げ馬から大穴を狙いにいく。

 鞍上の団野大成騎手にとっては1月の日経新春杯(G2)でショウリュウイクゾを勝利に導き、重賞初制覇を飾った縁起のいいコース。また、先月の福島牝馬S(G3)を伏兵ディアンドルで逃げ切るなど、その手腕には定評がある。テン乗りとなるが、作戦は一つ。思い切った騎乗で直線どこまで粘れるか。

JRA京都新聞杯(G2)アドマイヤビルゴの「二の舞」でルペルカーリア&レッドジェネシスは余裕の“消し”!? 本命は“展開利”見込める超大穴【八木遊のフォーメーション馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!