NEW

ジャンポケ斉藤「ヤバい、もう殺してくれ!」競走馬セリ市に初参戦も大パニック!? 公式YouTube『ジャングルポケット産駒を買う』で、競馬ファンも注目したチャレンジの結果は

【この記事のキーワード】, ,

ジャンポケ斉藤「ヤバい、もう殺してくれ!」競走馬セリ市に初参戦も大パニック!? 公式YouTube『ジャングルポケット産駒を買う』で、競馬ファンも注目したチャレンジの結果はの画像1

 11日、HBA日高軽種馬農業協同組合の主催する、北海道トレーニングセールがJRAの札幌競馬場にて行われた。

 トレーニングセールとは、オークション形式で行われる競走馬のセリ市。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となった同セールだが、今年はお笑いトリオのジャングルポケット斉藤慎二が参戦し大きな話題となった。

 北海道トレーニングセールは、過去に香港カップをはじめG1を6勝したモーリス、菊花賞(G1)、天皇賞・春(G1)など長距離レースを中心に活躍したヒシミラクルなど、これまでに多くの活躍馬を輩出。近年でもセントライト記念(G2)、ラジオNIKKEI賞(G3)を優勝したバビットが2019年に取引されたセールである。

 斉藤は先日、自身の公式YouTubeチャンネル『ジャンポケ斉藤、ジャングルポケット産駒を買う』を立ち上げ一部競馬ファンなどの間で話題となっているが、同セールでチャンネル名ともなっている目的を果たそうと競走馬のセリ市に初参戦したのだ。

 トリオ名としてのジャングルポケットは、2001年の日本ダービー(G1)、ジャパンC(G1)を優勝した競走馬・ジャングルポケットから命名したもの。同馬は今年3月に死亡しており、その仔馬(産駒)を購入できるチャンスはあと僅かである。

 通常、早くて2歳にデビューする競走馬だが、ジャングルポケットの産駒は今年の当歳馬が最後。来年の北海道トレーニングセールでも購入できる可能性はあるが、晩年の産駒で数も多くないだけに、今年がラストチャンスとなるだろう。

 このセールに上場するジャングルポケット産駒は、母ミフユの2019年産駒のみ。JRAでもジョーカプチーノやミツバといった重賞勝ち馬を出している山口ステーブルが育成する馬だ。

 400万円からのスタートとなった母ミフユの2019。開始早々、「ピンポーン」というジャンポケ斉藤のオンラインビットの入札音とともにセリは始まった。

 しかし、会場ではその他2人が競り合う形。入札をクリックするも更に上回る金額での入札があり、斎藤氏は「もうやめてくれ!余計なことしないでくれ!」、「ヤバい、もう殺してくれ!」と取り乱す場面も見られた。

 パニック状態となっている間にハンマーが落ちてしまい、最終的には福田光博氏が480万円(税抜き)で落札。斎藤のサラブレッドセール初参戦は、ほろ苦い結果に終わった。

 セール後は、山口ステーブル代表の山口裕介氏と生電話。斎藤は「ここ2、3年で一番落ち込んだかもしれない……」とセール後の気持ちを語っている。

 また「買えなかった僕に、こんな優しい対応をしてくださって……」と山口代表への感謝を示した斎藤。「いまYouTube上では詐欺師と呼ばれています」と自虐ネタで笑いも誘った。

 今後、他のサラブレッドセールで再びジャングルポケット産駒の購入を目論む斎藤。来年デビューの現当歳馬が狙いとなりそうだが、その時を楽しみに待ちたいところだ。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

ジャンポケ斉藤「ヤバい、もう殺してくれ!」競走馬セリ市に初参戦も大パニック!? 公式YouTube『ジャングルポケット産駒を買う』で、競馬ファンも注目したチャレンジの結果はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  6. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  7. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦