NEW

パチンコ「転落式バトルシステム」採用! 人気タイトル最新作は「メリハリとバランス」の2スペックで登場!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「転落式バトルシステム」採用! 人気タイトル最新作は「メリハリとバランス」の2スペックで登場!!の画像1

 ギャンブル漫画の金字塔である、福本伸之原作の「カイジ」シリーズ。パチンコ・パチスロとしても多くのマシンが登場し、ファンにとってもお馴染みのコンテンツと言えるであろう。

 そんなカイジは1996年に講談社発行「週刊ヤングマガジン」で「賭博黙示録カイジ」として連載が始まった。以降、「賭博破戒録カイジ」「賭博堕天録カイジ」など様々なシリーズが誕生し、2021年でめでたく25周年を迎えた。

 そんなメモリアルイヤーを祝福すべく、かねてよりパチンコ『弾球黙示録カイジ』シリーズを製造する高尾は5月24日、シリーズ最新作『P弾球黙示録カイジ5』を発売する。それに先駆けて同社は先日、製品サイトでスペック及びゲームフローを明らかにした。

 本機には「電撃チャージVer.A」「電撃チャージVer.B」の2スペックがあり、どちらも大当り確率319.6分の1の一種二種混合タイプ。

 通常時は「圧倒的至福BONUS」当選、或いは「鉄骨バトルBONUS」での演出成功でRUSH「Eカードバトルモード」へと突入し、鉄骨バトルBONUSでの演出失敗時は「時短1回+残保留1個」or残保留1個の「ファイナルチャンレンジ」へ移行→利根川が土下座成功で同じくEカードバトルが発動するようだ。

 このファイナルチャレンジを含めたRUSH突入率は電撃チャージVer.Aが約64.9%で、電撃チャージVer.Bは約61.7%となる。

 本機の目玉であるRUSHは時短128回で、Eカードバトルに敗北するまで継続。右打ち中は図柄揃い抽選と共にモード転落抽選も行われ、電撃チャージVer.Aはそれぞれ約6.2分の1、約24分の1、電撃チャージVer.Bは約8.1分の1、約36.9分の1となる。

 ちなみに、モード転落当選時は残保留1個のファイナルチャレンジが始まり、演出成功でRUSHに復帰する。

 トータルRUSH継続率は電撃チャージVer.Aが約82.6%で、電撃チャージVer.Bが約84.1%。スピーディーな展開が楽しめる電撃チャージVer.Aの方が継続率は低いが、その分、RUSH中の大当り時は79.5%で10R、1,500個に振り分けられるといった特徴もある(電撃チャージVer.Bは67.1%)。

 メリハリのある電撃チャージVer.Aか、はたまたバランス型の電撃チャージVer.Bか。どちらで勝負するかは、プレイヤー次第だ。

【注目記事】

パチスロ「万枚突破」が狙える人気機種の「攻略」ポイント! 疑似ボーナス中は「○○」を要カウント!!

パチンコ「3日連続で5万発」を叶えた驚愕の“攻略法“!? 「莫大な利益」を生み出す…「撤去待ったなし」だった技術介入マシン!!

甘デジ勝ちを狙える「切り札」が発動!「覇権タイトル」×「突破型」で連敗から脱出!?

パチンコ「転落式バトルシステム」採用! 人気タイトル最新作は「メリハリとバランス」の2スペックで登場!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!