NEW

パチンコ「フルスペック」に「時短」搭載でさらなる破壊力へ! 現在の激熱マシン「初代」が登場!!【CR機の歴史~1996年前編~】

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「フルスペック」に「時短」搭載でさらなる破壊力へ! 現在の激熱マシン「初代」が登場!!【CR機の歴史~1996年前編~】の画像1

 1992年から始まったCR機の歴史。当初こそコストパフォーマンスの低さから伸び悩んだものの、1993年に新内規として誕生した西陣の『CR花満開』が強烈な連チャン性で大ヒットを記録すると、翌1994年には人気シリーズの初代『CR黄門ちゃま2』がデビューし、CR機の認知度を一気に高めた。

 1995年には『CRフィーバーダウンタウン劇場』『CR冒険島』『CRバトルヒーロー』などといった名機たちが登場。『CRコマコマ倶楽部』は通常大当りが確変へと昇格する「再抽選」機能を組み込み、その後のゲーム性に大きな影響を与えた。

 確変突入率3分の1、以降2回継続の確変が主流となった中、1996年には平和が『CRハッピーデート』『CR RYU-OH』『CRサクセスストーリー』を発売。

『CRハッピーデート』は魔女が横切ると確変リーチ濃厚、『CR RYU-OH』は相手が中出目を回す「勝負」、猫に切り替わる「招き猫」、一旦停止後に中出目のみ回転する可能性がある全回転「爺さま」と3つのSPリーチを搭載しているのが特徴で、『CRサクセスストーリー』はコインが積もり続ける「ジャックポットリーチ」の発生で大チャンスを迎える。

 これらの大当り確率はそれぞれ約397分の1、約395分の1、約398分の1だ。

 大一商会は金のシャチホコが鎮座する屋根の上で忍者によるアクションが展開される『CRどろろん忍者くんV』を製造。大当り確率は設定1:359分の1~設定3:463分の1と低いものの、その分、デジタル回転時間短縮機能の恩恵が大きい。

 奥村遊機が発売した『CRヤジキタ』は「東海道中膝栗毛」がモチーフで、大当り確率は398.5分の1。図柄の左右同時停止や「ひっぱりリーチ」の動作4回以上は大当り濃厚となるなど、細かな法則性で多くのファンを魅了した。

 また、同社は大当り確率296.5分の1、確変突入率12分の5、次回まで継続の『CRアシュラ』もリリースした。

 豊丸産業は『ドラゴン伝説』シリーズの元祖とも言える『CR竜王伝説Z』を製造。大当り確率は389分の1で、左右出目は15種類&中出目の「七」「ド」「ラ」「ゴ」「ン」「伝」「説」には通常の「緑」と確変の「赤」が存在することから、確変突入及び継続率は22分の7となる。

 このほか、サミーは定番シリーズの第1弾『CRガオガオキッズ4』、藤商事は確変突入率50%、次回まで継続の『CR魔法のランプ』を発売。各メーカーがこぞって新機種をデビューさせた状況下、「確変」の出玉力に変革をもたらすひとつのマシンが登場した。

 現在もホールを席捲している『P大工の源さん 超韋駄天』の記念すべき初代、三洋物産の『CR大工の源さん』である。

パチンコ「フルスペック」に「時短」搭載でさらなる破壊力へ! 現在の激熱マシン「初代」が登場!!【CR機の歴史~1996年前編~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!