NEW

パチンコ「1日10万発」を狙える技術介入マシンなど…「○○タイアップ機」でヒット作を量産する敏腕メーカー!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「1日10万発」を狙える技術介入マシンなど…「○○タイアップ機」でヒット作を量産する敏腕メーカー!!の画像1

 パチンコのトップメーカーとして大きな存在感を示しているSANKYO。

 近年では『戦姫絶唱シンフォギア』の大ヒットが記憶に新しいが、最新機種の『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ2』でも「一撃5万発」「最大8万発」など市場を賑わしている。

 また、『Pフィーバーアイドルマスターミリオンライブ!』では大当りが最大で4つストックされるうえに、それぞれが70%超の継続性を持つという新機軸の連チャンシステムを構築するなど、最大手パチンコメーカーとしての活躍ぶりが目立つ。

 ところで、これまで挙げた機種を見ればアニメタイアップ機が続いていることに着目できるが、SANKYOの発展に欠かせないのがこのアニメタイアップマシンではないだろうか。

 思い起こせば2004年。規則改正による平成大革新で大ヒットを記録したのが『CRフィーバー大ヤマト2』である。大当り確率の下限が1/500に設定され、確変の上限も廃止された大緩和によって強力なスペックを手にした『大ヤマト2』はその圧倒的出玉性能でファンを魅了した。

 このスペックによる訴求力ももちろんだが、迫力の役物演出や興奮の連続予告にワープ演出、大ヤマト砲など演出面での完成度も高く、トータルでパチンコとして評価を不動のものとした名機である。

 印象的な機種でいえば、『CRフィーバー創聖のアクエリオン』も記憶に残るマシンだろう。大当り確率1/356.2で確変割合65%の次回ループタイプとスペックとしては当時の代表的な仕様で、突出した特徴はない。

 しかし、「あなたと合体したい」というキャッチーなフレーズが大きな反響を呼んだテレビコマーシャルの話題性によって大きな注目を浴びた。今風にいえば「バズ」ったのである。このプロモーションの大成功によって15万台の販売台数を誇るヒットマシンとなり、その名を轟かせた。

 話題をさらったといえば『CR蒼穹のファフナー』も忘れられない一台である。

 先に述べた2004年の規則改正によってパチンコの区分が撤廃され、デジパチの要素と羽根物の要素を同時に楽しめる機種、1種2種混合タイプが登場したのだが、その代表的な機種がこの『ファフナー』である。

パチンコ「1日10万発」を狙える技術介入マシンなど…「○○タイアップ機」でヒット作を量産する敏腕メーカー!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!