NEW

JRA 京王杯SC(G2)岩田康誠が絶賛「凄い勝負根性」の伏兵が大幅良化!? 超人気薄との2頭軸で万馬券狙い【八木遊のフォーメーション馬券予想】

JRA京王杯SC(G2)岩田康誠が絶賛「凄い勝負根性」の伏兵が大幅良化!? 超人気薄との2頭軸で万馬券狙い【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像1

 今週は15日(土)の東京メイン、京王杯SC(G2)を予想する。先週の新潟大賞典は大穴ハッピーアワーで勝負したが13番人気で13着と人気通りの結果だった。今週も中心視するのは人気薄だ。

 狙いたいのは前走で3勝クラスを勝ち上がった馬。過去10年で「1-1-1-12」と成績はイマイチ。唯一の勝利は2011年のストロングリターンで、翌12年にレオプライムが2着、インプレスウィナーが3着に入った。それ以降は10連敗中だが、昨年はトゥザクラウンがハナ差の4着と好勝負を演じており、全くダメというわけではない。

 そこで「◎」には心斎橋S(3勝クラス)を勝ったばかりの13番エングレーバー(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)を抜擢する。

 長距離路線で活躍するオーソリティと同じ「父オルフェーヴル×母父シンボリクリスエス」という血統構成で、デビューから2000mで2連勝。3戦目のきさらぎ賞(G3)では2番人気に支持された逸材だ。

 4戦目のプリンシパルS(L)はザダルにクビ差の2着に敗れ、その後も中距離を中心に走っていたが、前走で一気に距離を短縮。初めての1400mだったが、3馬身差の圧勝だった。デビュー戦以来、2度目の騎乗となった浜中俊騎手はレース後、「1400mに短縮したのが良い方に向いた」とコメント。2戦2勝とコンビ相性も抜群で、長い府中の直線を一気に突き抜けてくれるだろう。

「○」には4番エーポス(牝4歳、栗東・北出成人厩舎)で勝負する。

 こちらは前走マイル戦からの距離短縮がプラスに働くとみる。キャリアはまだ6戦と浅く、そのうち5戦が1600m。唯一の1400m戦が昨年3月のフィリーズレビュー(G2)だった。4角10番手から上がり最速の末脚で差し切ったが、4角で1~3番手だった3頭が2~4着に入ったことがエーポスの1400m適性を示している。

 そのレースで初コンビを組んだ岩田康誠騎手はレース後、「凄い勝負根性を見せてくれた」と絶賛。それ以降も手綱を取り、大外18番枠に入った桜花賞(G1)は9着に敗れたが、1年ぶりとなった前走の阪神牝馬S(G2)では差し馬がワンツーを決めるなか、2番手追走から0秒2差の5着と健闘した。陣営も「休み明けを使って、ガラッと変わってきた」と自信をのぞかせており、上積みに期待したい。

JRA京王杯SC(G2)岩田康誠が絶賛「凄い勝負根性」の伏兵が大幅良化!? 超人気薄との2頭軸で万馬券狙い【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像2

「▲」は上位人気濃厚の10番ラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 前走の高松宮記念(G1)は14着に大敗したが、道悪が全て。陣営も「決して力負けではありません」と話し、良馬場が見込める今回は巻き返し必至だ。

 東京コースも「2-1-0-0」と相性抜群。好枠(5枠10番)ゲットで理想の位置を取れるだろう。唯一、気になるのは、最終追い切りがかなり軽かったこと。1週前追い切りですでに仕上がっているようだが、先(安田記念)を見据えての一戦なら、他馬に付け入る隙を与えてもおかしくはない。

JRA 京王杯SC(G2)岩田康誠が絶賛「凄い勝負根性」の伏兵が大幅良化!? 超人気薄との2頭軸で万馬券狙い【八木遊のフォーメーション馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!