NEW

JRA ヴィクトリアマイル(G1)3頭出しも「社台RH」と「シルクR」に明暗!? かつて22年連続馬主リーディング「社台RH」に復活の兆し?

JRA ヴィクトリアマイル(G1)3頭出しも「社台RH」と「シルクR」に明暗!? かつて22年連続馬主リーディング「社台RH」に復活の兆し?の画像1
グランアレグリア 撮影:Ruriko.I

 16日、東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(G1)は単勝1.3倍の1番人気、グランアレグリアが4馬身差で圧勝し、通算G1勝利数を「5」に伸ばした。

 これでサンデーレーシングは、シュネルマイスターが制した先週のNHKマイルC(G1)から2週連続でG1制覇。トップに立つ馬主リーディング争いで2位以下との差を広げた格好だ。

 先週末(5月9日)現在の馬主リーディング上位5位を見ると、やはり社台/ノーザン系のクラブ馬主の強さが際立っている。

1位 サンデーレーシング 12億7010.1万円
2位 キャロットファーム 11億4196.3万円
3位 社台レースホース 9億0330.5万円
4位 シルクレーシング 8億7376.9万円
5位 金子真人ホールディングス 6億2028.0万円

 5位にようやく大物個人馬主の金子真人氏が登場するが、4位までは全て社台/ノーザン系の一口クラブ。これら4つのクラブは2016年から5年連続で4位までを占めており、この傾向はしばらく変わることはないだろう。

 注目したいのは、ヴィクトリアマイルにそろって3頭出しで勝負を懸けてきた社台RHとシルクRだ。ともに賞金を加算するチャンスだったが、サンデーR(グランアレグリア)の牙城を崩すことはできなかった。

「先週(のNHKマイルC)はサンデーRが3頭出しを見事に成功。今週のヴィクトリアマイルはシルクRと社台RHが二匹目のどじょうを狙いました。結果は社台RHの3頭は2、3、8着と大健闘。一方、シルクRの3頭は4、13、14着と明暗を分ける形となりました。

社台RHはランブリングアレーとマジックキャッスルが2~3着に食い込み、意地を見せたと言っていいでしょう。一方、シルクRはディアンドルの4着が精いっぱいでした」(競馬誌ライター)

 社台RHといえば、募集馬の多くが社台ファーム生産馬で、1983年から2004年まで22年連続馬主リーディングに輝いた社台/ノーザン系の一口クラブでも老舗的な存在だ。ノーザンファーム生産馬が台頭した2000年代半ばごろからは、サンデーRとの2強時代となり、その後キャロットFにも抜かれ、14年にはリーディング3位に転落。ここ数年はシルクRの後塵も拝し、18年からは3年連続で4位と低迷が続いている。

 中央のG1制覇は、17年オークス(ソウルスターリング)を最後に丸4年も遠ざかっている。ヴィクトリアマイルでも結果的に3頭が敗れたことでクラブのG1連敗は「54」に伸びた。

 馬主リーディングで3位を争う社台RHとシルクR。ヴィクトリアマイルでは社台RHが復活の兆しを見せたが、今後のリーディング争いからも目が離せない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA ヴィクトリアマイル(G1)3頭出しも「社台RH」と「シルクR」に明暗!? かつて22年連続馬主リーディング「社台RH」に復活の兆し?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?