NEW

武豊「勝てるとは思っていなかった」オグリキャップ感動の有馬記念ラストラン! 17万人超ファンがオグリコール、「不祥事続き」笠松が生んだヒーローの血が中央に返り咲き間近?

【この記事のキーワード】, ,

武豊「勝てるとは思っていなかった」オグリキャップ感動の有馬記念ラストラン! 17万人超ファンがオグリコール、「不祥事続き」笠松が生んだヒーローの血が中央に返り咲き間近?の画像1

 平成競馬を彩る代表的なシーンとして、競馬ファンから多くの支持を得ると考えられるのが、平成2年(1990年)の有馬記念(G1)だろう。

 競馬ブーム真っ只中だったこの年、暮れのグランプリを迎えた中山競馬場には17万7779人ものファンが押し寄せた。鳴り物入りで「地方の怪物」から「中央の怪物」へと駆け上がった芦毛のヒーロー・オグリキャップ。そのラストランでコンビを組んだのが若き天才・武豊だった。

 引退レースを一目見たいと考えたのが、ファンの大半の目的だったといっても過言ではない。

 4番人気に支持された一方で、このときのオグリキャップは秋の天皇賞(G1)を1番人気で6着、続くジャパンC(G1)も4番人気で11着と大敗。闘志溢れる全盛期の走りに翳りを見せ始めていたことから「オグリはもう終わった」という声も出ていた。

 コンビを任された武豊騎手さえ、後に「勝てるとは正直思っていなかった」と、当時の心境を述懐したレースだったが、天才に導かれた芦毛のスーパーホースは大方の予想を覆して見事な勝利を飾る。大観衆から沸き起こった「オグリコール」が、冬の中山に響き渡った。

 最近は『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)や、同作品のスピンオフ・『ウマ娘 シンデレラグレイ』の主人公としても、再びスポットライトを浴びることになったオグリキャップ。

 だが、オグリキャップがデビューした故郷・笠松競馬では、関係者による不祥事が多発し、中には永久追放となる「競馬関与禁止」処分とされる者も出た。この関係で現在笠松競馬は休止の憂き目に遭っている。

 ただでさえ、そのような状況下にありながら、笠松競馬に所属する騎手の1人が、元・地方騎手の実施したSNS上での懸賞に応募して金銭授受が判明し、管理者指示事項違反とされる「公正を害する恐れがある行為」として問題視されたばかりだ。

 その一方で、オグリキャップに関する話題は、悪い報せばかりでもない。

 現役の競走馬ではただ1頭であるオグリキャップの孫・ミンナノヒーロー(牡4歳、岩手・佐藤祐司厩舎)が4月25日、岩手・水沢競馬場で待望のデビュー。結果、敗れはしたが2着に好走し、オグリファンを喜ばせた。同馬は母にオグリキャップ最後の産駒ミンナノアイドル、父はゴールドアリュールという血統。全兄にはJRAで3勝を挙げたストリートキャップがいる。

武豊「勝てるとは思っていなかった」オグリキャップ感動の有馬記念ラストラン! 17万人超ファンがオグリコール、「不祥事続き」笠松が生んだヒーローの血が中央に返り咲き間近?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?