NEW

JRA ソダシとアカイトリノムスメ「2頭出し」金子真人オーナーが“迷”采配!? オークス(G1)C.ルメール「乗り替わり」はまさかの逆効果も

JRA ソダシとアカイトリノムスメ「2頭出し」金子真人オーナーが迷采配!? オークス(G1)C.ルメール「乗り替わり」はまさかの逆効果も の画像1
アカイトリノムスメ 撮影:Ruriko.I

 23日、東京競馬場では第82回オークス(G1)が行われる。無敗の牝馬クラシック2冠を狙うソダシが高い注目を集めるが、あの良血馬も忘れてはいけない。

 父がディープインパクト、母はアパパネというアカイトリノムスメ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)。ソダシと同じく金子真人オーナー縁の血統が凝縮したロマンの塊のような存在だ。

 そんなアカイトリノムスメに騎乗するのはC.ルメール騎手。ソダシの最大のライバル・サトノレイナスが次週の日本ダービー(G1)に挑戦するため、陣営はリーディングジョッキーを確保し、オークス制覇を目論んでいる。

 桜花賞は横山武史騎手が騎乗して4着。同騎手は皐月賞(G1)をエフフォーリアで制するなど、今最も旬といえる若手の有望株。それでもルメール騎手への乗り替わりなら、大きなプラスになるというのがファンの共通認識だろう。

「ソダシとワンツーを狙う金子真人オーナーとしても、ルメール騎手を確保できたことは心強い限りでしょう。むしろ、ファンからは『(アカイトリノムスメの)鞍上強化によってソダシの2冠の可能性が低くなるのでは?』という懸念の声まで聞こえてくるほどです。

ルメール騎手は目下2週連続G1制覇と絶好調ですが、この乗り替わりが必ずいい方向に転ぶとは言い切れません。ほとんどの3歳牝馬にとって2400mは未知の距離。ルメール騎手といえども、テン乗りで難しい面はあるはずです」(競馬誌ライター)

 実際に、牝馬3冠レースの中でも、オークスは特に継続騎乗が最も望ましいレースといえそうだ。

【牝馬3冠レースの騎手乗り替わり時成績、2000年以降】
桜花賞 5-5-8-108/126(4.0%/7.9%/14.3%)
オークス 2-5-5-114/126(1.6%/5.6%/9.5%)
秋華賞 5-5-8-133/151(3.3%/6.6%/11.9%)
※カッコ内は左から勝率、連対率、複勝率

 2000年以降の牝馬3冠で、前走から鞍上が変更になった時の成績を並べると、桜花賞と秋華賞(G1)では5勝ずつしているが、対するオークスは2勝のみ。折り合いが大事になる長距離レースということもあって、乗り替わりは大きな減点材料になっている。

 しかし、今回アカイトリノムスメに騎乗するのはルメール騎手。そんな心配も杞憂に終わりそうだが……。

JRA ソダシとアカイトリノムスメ「2頭出し」金子真人オーナーが“迷”采配!? オークス(G1)C.ルメール「乗り替わり」はまさかの逆効果ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦