NEW

JRA ソダシには「不可能」もアカイトリノムスメには可能!? オークス(G1)エアグルーヴ以来「25年ぶり」達成なるか、金子真人オーナー縁の良血に懸かる偉業

【この記事のキーワード】, ,

JRA ソダシには「不可能」もアカイトリノムスメには可能!? オークス(G1)エアグルーヴ以来「25年ぶり」達成なるか、金子真人オーナー縁の良血に懸かる偉業の画像1

 これまで、数々の名牝を世に送り出したオークス(G1)。今年は無敗二冠を狙う白毛馬ソダシの出走で、大きな盛り上がりを見せそうだ。

 ソダシのオーナーは金子真人氏で、これまで数々の名馬を所有。ソダシの父クロフネ、母父キングカメハメハもG1で活躍した馬だが、ともに金子オーナーが所有していた馬である。

 そんな金子オーナーが所有していた馬でも、最も知名度が高いのがG1・7勝のディープインパクトだろう。

 今年のオークスでは、金子オーナーの所有馬がディープインパクト産駒でも1頭スタンバイ。母娘2代でオークス制覇を狙うアカイトリノムスメ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 アカイトリノムスメの母アパパネも金子オーナーの所有馬で、2010年の牝馬三冠に輝いたG1・5勝の名牝。父が日本ダービー(G1)を制したディープインパクトで、母はオークス馬のアパパネなのだから府中の2400mへのコース替わりは歓迎材料となりそうだ。

 デビュー戦では7着と敗れたアカイトリノムスメだが、次の未勝利戦から3連勝でクイーンC(G3)を勝利すると、前走の桜花賞(G1)でも4着と好走。先週のヴィクトリアマイル(G1)を勝利したグランアレグリアと同じC.ルメール騎手と国枝厩舎とのコンビであり、高難度なミッションもクリアする可能性は十分にあるだろう。

「繁殖牝馬は通常1年に1頭を産む形となりますから、牡馬とは違い同一G1レースの親子制覇は極めて困難です。ただ、オークスでは過去に母ダイナカールとエアグルーヴが母娘制覇を達成しています。アカイトリノムスメは、アパパネにディープインパクトを配した超良血馬。デビュー前から注目度の高かった12冠ベビーですから、もちろんチャンスはあると思いますよ」(競馬記者)

 記者が話すように、1996年のオークスではエアグルーヴが母娘で同一G1制覇を達成。桜花賞を熱発で回避したエアグルーヴだが、その前哨戦であるチューリップ賞(G3・現G2)では5馬身差の圧勝を飾っており、オークスでも単勝2.5倍の1番人気でレースを迎えた。

 18頭立てとなったレースで、エアグルーヴは1コーナー7番手から徐々にポジションを上げ、4番手の外で最後の直線。横山典弘騎手が騎乗したノースサンデーの外斜行の煽りを受ける形となったが伸びは衰えず、後方から追い込んだ桜花賞馬ファイトガリバーの猛追を1馬身半差抑えてエアグルーヴが快勝した。

 因みにエアグルーヴの母ダイナカールは1983年のオークス馬。当時、単枠指定となったダイナカールは2番人気に推され、岡部幸雄騎手(JRA元ジョッキー)を背に、ゴール前で横一線となったレースを僅かハナ差で勝利している。

 あの偉大な記録から25年。アカイトリノムスメにも歴史的快挙に期待したいところだ。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA ソダシには「不可能」もアカイトリノムスメには可能!? オークス(G1)エアグルーヴ以来「25年ぶり」達成なるか、金子真人オーナー縁の良血に懸かる偉業のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?