NEW

JRA“公認”サインはやっぱりソダシ!? オークス(G1)アカイトリノムスメ紅白サイン馬券対決も、決定打となったのは枠順

【この記事のキーワード】, , ,
JRA公認サインはやっぱりソダシ!? オークス(G1)アカイトリノムスメ新垣結衣派とダービー国歌独唱歌手派で紅白サイン馬券対決かの画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 G1が近づくと、ついサイン馬券に思いを巡らせてしまうのが競馬ファンだ。

 有名どころではマンハッタンカフェアメリカンボスがワンツーフィニッシュを決めた2001年の有馬記念(G1)がある。この年はアメリカ同時多発テロ事件が発生。ニューヨークのマンハッタン、アメリカの大統領を連想させるアメリカンボスの決着となり、多数の被害者が出た事件と結びつけることは不謹慎とされかねなかったが、3番人気と13番人気の組み合わせで馬連4万8650円となった大万馬券の話題が先行した。

 こういった世相を反映したもの以外にも、G1開催のある競馬場にゲストとして訪れた有名人や、その他の記念日などがサインとして話題に上がる例も多々ある。

 今年のオークスでも例に漏れず、サイン馬券探しに奔走していた競馬ファンも多いだろう。

 そこでまず注目を集めたのが20日、JRAからの発表で日本ダービーが開催される30日のレース発走前に、東京競馬場のウイナーズサークルで国歌独唱が決まったシンガーソングライター・広瀬香美さんだ。

 広瀬香美さんといえば、「ゲレンデがとけるほど恋したい」の大ヒットでも知られるウィンターソングの女王。同曲には「私だけにwhite love song 歌ってほしいの」といった歌詞が含まれていることから、white(白)のラブソングを連想させられるため、これが白毛のアイドルホース・ソダシを意味しているのではないかと“勘繰る” ファンの声も出た。

 厳密にはダービー当日の国家独唱であり、オークスはその1週前だが、JRAが発表したタイミング的にオークス前ということで、何とも“意味深”な人選だったといえそうだ。

 これに対し、“ガッキー”こと新垣結衣さんと星野源さんの結婚がサインになるのではないかというファンもいる。

JRA公認サインはやっぱりソダシ!? オークス(G1)アカイトリノムスメ新垣結衣派とダービー国歌独唱歌手派で紅白サイン馬券対決かの画像2

 それは新垣さんが2008年に出した2枚目のシングルのタイトルが「赤い糸」だったからというものである。カップリング曲「つないだ手」はドラマで共演した二人を思わせるが、サイン派の競馬ファンにとっては「赤い糸」の「アカイ」から連想するのは「アカイトリノムスメ」ということらしい。

「広瀬香美派」のソダシ、「新垣結衣派」のアカイトリノムスメ、それぞれの色のイメージから“紅白対決” ともいわれる今年のオークスだが、どちらに軍配が上がる結果となるだろうか。

 そもそも、サイン馬券とはレース終了後の後付けとなることも多い。それだけに、あくまで妄想の域を出ない予想方法ではあるが、競馬の楽しみ方としてはファンも多く、結果的にも意外と侮れないケースもある。

 だが、注目のオークスの枠順は、ソダシが6枠11番。偶然にも新垣結衣さんの誕生日6月11日と一致した。どうやらこれは“決定的な”サインとなりそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA“公認”サインはやっぱりソダシ!? オークス(G1)アカイトリノムスメ紅白サイン馬券対決も、決定打となったのは枠順のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦