NEW

JRA武豊が1993年オークス(G1)で魅せた神騎乗、そして名実況!競馬の神様が指摘する「距離不安」を一蹴した名牝の記憶

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊が1993年オークス(G1)で魅せた神騎乗、そして名実況!競馬の神様が指摘する「距離不安」を一蹴した名牝の記憶 の画像1

 馬クラシックの第2弾、オークス(G1)が23日に東京競馬場で行われる。20日には枠順が発表され、2冠を目指すソダシは6枠11番に決まった。

 ソダシには、その血統からどうしても距離不安がつきまとう。今から28年前のオークスでも同じように距離不安を指摘され、牝馬2冠に臨んだ馬がいた。

 アドマイヤベガやアドマイヤドンの母としても知られる名牝ベガだ。同馬はデビュー戦で2着に敗れた後、2戦目を前に武豊騎手とコンビを結成。折り返しの新馬戦を勝ち上がると、続くチューリップ賞で圧勝し、桜花賞(G1)では単勝2.0倍の圧倒的1番人気に支持された。

 レースは、横山典弘騎手が騎乗したマザートウショウがハナを切ると、ベガは直後の2番手集団を追走。直線に入って早々と抜け出すと、外から急襲したユキノビジンの追撃をクビ差押さえて見事に1冠目を手にした。その後、陣営(松田博資厩舎)はダービー参戦も視野に入れていたが、結局オークスで2冠を狙うことになった。

「ベガはデビューから1800mと2000mを経験し、陣営も2400mに距離が延びるオークスには自信を見せていました。ところが、ベガの2冠達成に疑義を唱えた予想家がいました。

競馬の神様の愛称で知られた故・大川慶次郎氏です。当時フジテレビの競馬番組でレース解説を担当していた大川氏。レース直前に実況の三宅正治アナウンサーからベガに対する見解を聞かれると、桜花賞のラスト1ハロンに13秒4を要したことを根拠にベガを軽視する発言をしたのを覚えています」(競馬誌ライター)

 実際に桜花賞馬でありながら、単勝オッズは3.4倍とベガに懐疑的な見方をするファンも少なくなかったが、ベガはそんな距離不安をあっさりとはねのけてみせた。

 好スタートから好位の4番手外につけた武豊騎手とベガ。4コーナー手前で他のライバル馬らとともに早くも先頭に並びかけるという積極的なレース運びを見せた。

 直線を向くと、同じく好位集団にいた桜花賞2着馬のユキノビジンと一騎打ちの様相を呈する。残り400mを切ったところで、先にユキノビジンが抜け出したが、武騎手が右ムチを入れるとあっさりとかわし去った。結局、ベガは先行したにもかかわらず上がり最速タイムをマーク。最後はユキノビジンに1.3/4馬身差をつけ難なく牝馬2冠を達成した。

 その時に生まれたのが三宅アナウンサーから飛び出した有名すぎるあのフレーズだ。

「勝ったのは13番のベガ!西の一等星は東の空にも輝いた!6年ぶり史上9頭目の牝馬2冠達成!武豊、春のクラシック3連勝!やっぱりベガは強かった!」

 武騎手はその春、皐月賞(G1)をナリタタイシンで制し、牝馬2冠とあわせて3連勝。当時24歳ですでにスタージョッキーとして大活躍していたが、その座をゆるぎないものにした瞬間だったのかもしれない。

 レース後、さすがの競馬の神様も「恐れ入った」と言わんばかりに、ベガの強さを認めるしかなかったのは言うまでもないだろう。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA武豊が1993年オークス(G1)で魅せた神騎乗、そして名実況!競馬の神様が指摘する「距離不安」を一蹴した名牝の記憶のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声