NEW

パチスロ4号機の「激甘スペック」も完全継承!「名作」復活に熱視線!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ4号機の「激甘スペック」も完全継承!「名作」復活に熱視線!!の画像1

 4号機といえば『ミリオンゴッド』や『アラジンA』など「爆裂AT機」の派手なエピソードが語られることが多い。

 この時代は「一撃万枚」を射程内にする強力な出玉性能を持つマシンが多く、「終日5万枚」など、今では想像できないほどの大勝ちもあり得たのだ。

 しかし、「爆裂AT機」がホールを席巻する以前は1BIGで500枚以上の獲得が見込める「大量獲得機」がトレンドとなっており、『大花火』や『カンフーレディ』など多くの名機が存在した。

 その中でも人気となっていたマシンがロデオの『ガメラ』である。後に大画面液晶を採用した『オオガメラ』が登場し、話題を呼んだ。

 この『ガメラ』『オオガメラ』は技術介入を駆使することで設定1でも約104%という優秀な出玉率を実現。強力な出玉とアマさでユーザーを魅了した。

 そんな「ガメラ」シリーズが6号機となって再登場。6月よりリリース開始とのことで、名機の完全復活に業界では熱視線を浴びている。

 その名もズバリ『パチスロガメラ』。平均獲得560枚という技術介入要素が盛り込まれた疑似ボーナスタイプのAT機となっている。

 4号機『ガメラ』のゲーム性や出目を継承、進化させることで、新規プレイヤーだけでなく、当時を知るプレイヤーも満足の仕様となっているようだ。

 名機のゲーム性が6号機においてどのように再現されているか気になるところ。そこで本機の試打動画『「パチスロガメラ」最速解説!(パチスロ必勝本 嵐)』をご紹介したい。

 動画では各数値などのスペック説明を始める、ゲーム性や打ち方だけでなく、設定1における実戦の様子などが収録されている。

 解説の「嵐」によれば、本機は設定1においてもフル攻略で出玉率は約102%とのこと。4号機『ガメラ』に近いアマさでプレイすることが可能のようだ。

 本機はAT機でありながら、ノーマルタイプさながらのリーチ目や違和感演出などで当選を察知する楽しみ方もできると紹介。

 解説では順押しと逆押しで実戦を行っており、それぞれ違った要素がゲーム性の幅を広げているイメージだ。

 設定1実戦においては本機のアマさを遺憾なく発揮。リーチ目役での当選がメインであるからこその「ボーナス連打」で見事プラス差枚を達成する。

 気になる方、ご興味のある方は是非チェックしてみてはいかがだろうか。

【注目記事】

パチスロ『大花火』復活の可能性は!? ユーザーから「期待の声」が多数!!

パチスロ6号機 Aタイプで「5000枚」の安定感!?「設定6確定」演出で勝利を確信!!

パチンコ新台「40分で3万発」「いきなり9万発」の衝撃デビュー!『超韋駄天』に代わる爆速王の誕生か!?【初打ち実戦速報-パチンコ編-】

パチスロ4号機の「激甘スペック」も完全継承!「名作」復活に熱視線!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合