NEW

JRA 日本ダービー(G1)「東京の2400mはピッタリ」福永祐一がシャフリヤールの距離延長をむしろ「歓迎」する理由とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA 日本ダービー(G1)「東京の2400mはピッタリ」福永祐一がシャフリヤールの距離延長をむしろ「歓迎」する理由とはの画像1

 今週末、東京競馬場で開催される競馬の祭典・第88回日本ダービー(G1)。

 前走、毎日杯(G3)をレコードで快勝後、直行でダービーに駒を進めてきたシャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)。

 デビュー2戦目の共同通信杯(G3)では、後に皐月賞(G1)を制するエフフォーリアに敗れはしたものの、まだ3戦2勝3着1回と底を見せておらず、未知の魅力を秘めている1頭だ。『netkeiba.com』の想定オッズでは、エフフォーリア、牝馬のサトノレイナスからやや離れるものの、3番人気に支持されている。

 シャフリヤールの全兄アルアインは、2017年の皐月賞、19年の大阪杯(G1)を制したG1・2勝馬。2000m戦を得意としており、東京2400mのダービーでは5着に敗れている。広いコース、長い距離への適性となると、血統背景的にはやや疑問が付きまとうかもしれない。

JRA 日本ダービー(G1)「東京の2400mはピッタリ」福永祐一がシャフリヤールの距離延長をむしろ「歓迎」する理由とはの画像2

 しかし、ダービーでコンビを組む福永祐一騎手は、シャフリヤールにとって距離延長はむしろ“歓迎”であると言う。「アルアインのイメージから2000mまでと思われるかもしれないが、この馬は2000m以上。馬のフォームやスタートからして、東京の2400mはぴったりだと思う」と太鼓判を押した。

「アルアインは500キロを超える雄大な馬体をしていましたが、シャフリヤールはそれよりもだいぶコンパクトな450キロ程度です。福永騎手の手綱でダービーを制したワグネリアンとコントレイルも、馬体重は450~460キロ程でした。2頭の背中を知る福永騎手だけに、シャフリヤールなら問題ないと、経験的に感じたのかもしれません」(競馬誌ライター)

 福永騎手はシャフリヤールで昨年10月のデビュー戦を勝利した直後に、「来年はこの馬でダービーやな」と感じたそうである。

 前走の毎日杯こそ川田将雅騎手に手綱を譲ったものの、先週はダービーの1週前追い切りに騎乗。「体重は変わっていないが、物凄く大きく見せるようになった」と話し、確かな成長を感じ取っている。

 共同通信杯で敗れたエフフォーリアを逆転しなければならないが、当時とはやや様相も違ってきている。このときはシャフリヤールが2番人気、エフフォーリアが4番人気と、後者の方がやや気楽な立場ではあった。だが今回、エフフォーリアは断然の1番人気が濃厚である。

 ダービーで人気馬に騎乗する重圧が半端なものではないことは、1998年のダービーで、2番人気のキングヘイローに騎乗して14着に沈んだ福永騎手自身が証明している。当時の福永騎手と同じ20代前半の横山武史騎手は、そのプレッシャーに耐えられるだろうか。

 あれから23年が経過し、2頭のダービー馬の背中を知った福永騎手。距離延長を歓迎するシャフリヤールと共に、ダービー3勝目を目指す。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA 日本ダービー(G1)「東京の2400mはピッタリ」福永祐一がシャフリヤールの距離延長をむしろ「歓迎」する理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
4秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
7「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?
10「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?