NEW

エフフォーリアに流れる「ダービーを勝てない」血の宿命!? ソダシ完敗の悪い流れを断ち切れるか、東京優駿(G1)「三冠馬の法則」がコントレイルに続く無敗戴冠を後押し

【この記事のキーワード】, ,
エフフォーリアに流れる「ダービーを勝てない」血の宿命!? ソダシ完敗の悪い流れを断ち切れるか、東京優駿(G1)「三冠馬の法則」がコントレイルに続く無敗戴冠を後押しの画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 今年もダービーウィークがやってきた。

 ダービーに始まり、ダービーに終わるといわれる競馬の祭典が30日、東京競馬場で開催される。すべてのホースマンの夢といっても過言ではないダービー馬の栄誉を懸けて、白熱した戦いが繰り広げられるだろう。

 桜花賞(G1)2着から、オークス(G1)に向かわずに矛先を転じたサトノレイナスの参戦も楽しみだが、主役を務めるのはデビューから4連勝で無敗の皐月賞馬に輝いたエフフォーリア(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)で間違いない。

 先週のオークスは無敗の桜花賞馬ソダシがキャリア初の敗戦を喫したが、勝ち星の中にはハナ差やクビ差の“薄氷勝利”も含まれていた。連勝していたとはいえ、圧倒的に抜けた存在だったのかとなると危うさはあった。

 これに対し、エフフォーリアの快進撃は特筆すべき中身の濃さを誇っている。ここまでの4連勝で最も着差の小さかったレースはデビュー戦。相手の強化と比例して着差が縮まるのが一般的なのだが、逆に広げたのがエフフォーリアだ。

 2着馬との差が最小だったデビュー戦の0秒1から百日草特別(1勝クラス)は0秒2、重賞初挑戦となった共同通信杯(G3)で0秒4、そしてG1の皐月賞で0秒5というキャリア最大の圧勝。相手が強くなるに連れてそのパフォーマンスを上げていることは驚きである。

 オークスのソダシ以上に確勝ムードも漂っているが、そんなエフフォーリアにも血統的にはダービー勝利と縁がないマイナス要素が存在していることは少々意外かもしれない。

 エフフォーリアの父エピファネイアは2013年の菊花賞(G1)を圧勝した名馬だが、春の皐月賞はロゴタイプ、ダービーはキズナの前にいずれも2着と惜敗。類稀なポテンシャルの高さを秘めながら勝ち切れないレースが続いた。

 また、母父ハーツクライは05年の有馬記念(G1)で、無敗の三冠馬ディープインパクトに初黒星をつけたことでも有名だが、3歳クラシックでは未勝利。ダービーはキングカメハメハの2着と敗れている。エフフォーリアはこの悪い流れを断ち切ることが出来るだろうか。

 ただ、ともにダービーを2着に敗れたエピファネイアやハーツクライとエフフォーリアの決定的な違いは、両馬が勝てなかった皐月賞をすでに制していることだ。

 グレード制が導入された84年以降、皐月賞で2着に3馬身以上の差で圧勝した馬は85年ミホシンザン、94年ナリタブライアン、11年オルフェーヴルの3頭のみ。骨折によりダービーを回避したミホシンザンは菊花賞(G1)を制して二冠。ナリタブライアンとオルフェーヴルは三冠馬となった。

 これらの前例からも「三冠馬の法則」はクリアしているともいえるか。

 初顔合わせとなるサトノレイナス、グレートマジシャンもいるが無敗馬という訳でもない。順当なら昨年のコントレイルに続く2年連続無敗二冠の達成は濃厚だろう。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

エフフォーリアに流れる「ダービーを勝てない」血の宿命!? ソダシ完敗の悪い流れを断ち切れるか、東京優駿(G1)「三冠馬の法則」がコントレイルに続く無敗戴冠を後押しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
4秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
7「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?
10「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?