NEW

JRA日本ダービー(G1)「おかわり」目黒記念(G2)で大穴狙い!? 混戦を断つのは「前走から斤量4kg減」菊花賞2着の実力馬!【八木遊のフォーメーション馬券予想】

【この記事のキーワード】

, ,

JRA日本ダービー(G1)「おかわり」目黒記念(G2)で大穴狙い!? 混戦を断つのは「前走から斤量4kg減」菊花賞2着の実力馬!【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像1

 30日、東京競馬場では競馬の祭典・日本ダービー(G1)が行われる。その余韻が冷めやらぬなか迎えるのが伝統のハンデ重賞、目黒記念(G2)だ。

 今年のJRAレーシングカレンダーを見ても、同日に同じ競馬場で平地重賞が開催されるのはこの日だけ。ダービーを当てた人も、負けた人も“おかわり”ができる特別なレースである。昨年は1番人気キングオブコージが勝ったが2~3着に人気薄が入り、三連単8万円超えのヒモ荒れとなった。やや混戦模様の今年も高配当に狙いを定めて予想していきたい。

JRA日本ダービー(G1)「おかわり」目黒記念(G2)で大穴狙い!? 混戦を断つのは「前走から斤量4kg減」菊花賞2着の実力馬!【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像2

「◎」は、7番サトノルークス(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)とする。

 2年前には菊花賞(G1)でワールドプレミアとクビ差の2着に入った実力馬。その後は骨折もあって、6戦連続で掲示板を外している。

 しかし、前走のメトロポリタンS(L)で復活の兆しを見せた。59kgを背負って、勝ち馬から0秒6差の6着。今回は2歳の時以来となる軽量55kgで、前走からは4kg減。そろそろ激走があってもおかしくないだろう。

 4年前の1歳セレクトセールで3億円近い高額で取り引きされたサトノルークス。これまで稼いだ賞金は1億円強で、元を取るにはまだまだ走ってもらわなければ困る。ちょうど2年前のダービーでは、スタートでよれて17着に惨敗した。2年越しの“リベンジ”に期待したい。

「○」は11番グロンディオーズ(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎)だ。

 この馬は3年前の菊花賞に4戦3勝で出走。勝ったフィエールマン(7番人気)を上回る6番人気に支持された素質馬だ。その後は屈腱炎を発症し、1年半以上戦列を離れたが見事に復活。前走のダイヤモンドS(G3)でオーソリティを抑え、重賞初勝利を飾った。

 その後は具合があまり良くなく、天皇賞・春(G1)には向かわず、確勝を期してここへ。前走から一気に距離が900m短縮されるが、東京2400mでは2戦2勝。2戦ぶりに手綱を取るC.ルメール騎手の存在も重賞2連勝を後押しするか。サトノルークスとほぼ同等評価の対抗とする。

「▲」には、5番ウインキートス(牝4歳、美浦・宗像義忠厩舎)を指名して高配当を狙う。

 前走の日経賞(G2)では、この馬に「◎」を打ったが、まさかの最下位15着に沈んだ。しかし、敗因は明らかで、3角で致命的な不利を受けたのが全て。道中の手応えから、不利さえなければ馬券圏内は十分あったはずだ。ユーバーレーベンに続きゴールドシップ牝駒が府中の芝で躍動できるか。

JRA日本ダービー(G1)「おかわり」目黒記念(G2)で大穴狙い!? 混戦を断つのは「前走から斤量4kg減」菊花賞2着の実力馬!【八木遊のフォーメーション馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!