NEW

日本ダービー(G1)サトノレイナスら「掲示板」は出世間違いなし!? 2着エフフォーリアは要注目も、1着シャフリヤールは…

【この記事のキーワード】, ,

日本ダービー(G1)サトノレイナスら「掲示板」は出世間違いなし!? 2着エフフォーリアは要注目も、1着シャフリヤールは…の画像1

 5月30日、東京競馬場で行われた第88回日本ダービー(G1)は4番人気シャフリヤールが優勝。2018年生まれのサラブレッドの王者に輝いた。

 競馬関係者にとっての1年は、「ダービーに始まってダービーに終わる」ともいわれる。ダービーが終わると、ひとまず1年の区切りを迎えた気持ちになるが、そんな想いを抱くと同時に、毎年ダービーが終わると、必ず思い出される“格言”がある。

 特にオールドファンなら一度は耳にしたことがあるだろう。それは「ダービーで掲示板に載った馬は必ず出世する」という“格言”だ。つまりダービーで上位入線を果たした馬は、その後の活躍は約束されている…というもの。今回は1990年以降のダービーの結果成績を中心に検証してみた。

 その“格言”が最も当てはまるのが、ダービー「2着」馬だ。

 古くは1992年のライスシャワー、翌93年ビワハヤヒデ。さらに2000年代に入れば2002年のシンボリクリスエス、翌03年ゼンノロブロイの4頭が、G1レース3勝以上をマーク。さらにライスシャワーを除く3頭は、ダービーを終えた3歳秋初戦の神戸新聞杯(G2)を勝利している。

 今年のダービー2着馬のエフフォーリアの父・エピファネイアも2013年のダービー2着後、ひと夏を超えて神戸新聞杯を快勝。この傾向からすると、エフフォーリアが神戸新聞杯に出走すれば、勝利は確実かもしれない。

 続いてダービー「5着」馬もなかなかのもの。

 2012年ゴールドシップを筆頭に、2001年のクロフネ、2007年ドリームジャーニー、2010年ルーラーシップなど、ダービー5着に終わったとは思えない面子がズラリ。

 近年では2018年のブラストワンピース、2020年ディープボンドが、その後の活躍馬の代表格だろうか。ご存知、今年のダービー5着馬はサトノレイナス。牝馬ながら果敢にダービーに挑んだ大器の巻き返しに期待したい。

 ダービー「3着」馬に目を向けると、こちらも1990年代に限れば名馬が並ぶ。

 1993年ナリタタイシン、1997年メジロブライト、1999年テイエムオペラオーなど、錚々たるメンバーが名を連ねている。

 2000年代以降では、2010年のヴィクトワールピサが出世した馬として挙げられるものの、気になるのが、近年のダービー3着馬のその後の成績がイマイチな点。

 2014年マイネルフロストや2018年コズミックフォースなど、ダービーではそれぞれ12番人気、16番人気に推され、大方の予想を覆して3着に入った「穴馬」たちも、その後の成績はパッとしない。

 2016年ディーマジェスティは翌17年秋に電撃引退を発表するなど、ダービーでの激走がその理由か定かではないが、体調面を理由に早期引退。今年のダービー3着馬のステラヴェローチェには、成績面よりも息の長い活躍を期待したい。

 評価が分かれるのが「4着」馬だ。

日本ダービー(G1)サトノレイナスら「掲示板」は出世間違いなし!? 2着エフフォーリアは要注目も、1着シャフリヤールは…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合