NEW

パチンコ『牙狼』最新作に続く爆裂「真バトルスペック」がまもなく!? ハイミドル「超速スピード」出玉で逆襲なるか?

パチンコ『牙狼』最新作に続く爆裂「真バトルスペック」がまもなく!? ハイミドル「超速スピード」出玉で逆襲なるか?の画像1

 京楽産業.の系列ブランド「OK‼️」がリリースした『Pウルトラマンタロウ2』が絶賛稼働中だ。

 同社のキラーコンテンツとして長年リリースされ続けている本シリーズ機だが、気になるスペックは1種2種混合機のバトルスペック。通常時(約1/319.9)からの大当りは全て2R「タロウボーナス(約300個)」となり、ラウンド終了後は電サポ6回 の「ウルトラバトルチャンス(期待度50%)」に突入。見事に突破できれば「ウルトラバトルモード」に突入だ。

「ウルトラバトルモード」中の大当り確率は「約1/9.2」。継続率「81%」で、大当りは全て10R(約1600個「タロウチャッカー含む」)と現行機最高峰の破壊力を備えている。平均「約30秒」で決着と、スピード感溢れる出玉が味わる点も人気の要因といえるだろう。

「右打ち中の大当り確率を極限まで高められる1種2種混合タイプ、そして継続ジャッジでアツくなれるゲーム性、このふたつの融合はかつての初代『牙狼』や『AKB48』を彷彿とさせます。スピーディーな出玉に期待できるだけでなく、継続抽選に漏れても出玉を獲得できる仕様ですから、次回もその出玉で使って大当りを狙うことができる。その安心感はユーザーにとって非常に大きく、ホールで高稼働を実現しているのも納得です。

ここ数年は、混合タイプを応用した通称『シンフォギア』スペックが人気を集め、数多くのメーカーが採用してきました。ただ、これを別スペックに例えるなら、次回大当りが保証されないSTタイプ。

せっかく右打ちのラッシュまで入れたものの、大当りを獲得できずに単発終了……なんてこともざらにある。そういった意味でも、『ウルトラマンタロウ2』のような“バトルスペック”の需要は今後も伸びていきそうです」(パチンコライター)

 6月7日には、サンセイR&Dから『P牙狼 月虹ノ旅人』が登場予定だが、本機も同じく1種2種混合機のバトルスペック。大当り確率1/319.68のミドルタイプで、ヘソ抽選時の50%でラッシュ突入だ。

 注目の右打ち「魔戒チャンス」は継続率約81%、オール1500発獲得できる10R大当りでのラウンドバトルで“継続ジャッジ”を行うという「初代を強く意識したゲーム性」となっている。

 トータルの出玉期待値では『ウルトラマンタロウ2』に劣ると言われているが、爆裂マシンとして名を馳せる『牙狼』のコンテンツ力を加味すれば、その期待感は同等あるいは「それ以上」といえそうだ。

パチンコ『牙狼』最新作に続く爆裂「真バトルスペック」がまもなく!? ハイミドル「超速スピード」出玉で逆襲なるか?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!