NEW

甘デジ「最短150回転」で発動のネオ時短!「1/80」を切る破格の確率…「遊びやすさ」がウマすぎる!!

【この記事のキーワード】, , ,

甘デジ「最短150回転」で発動のネオ時短!「1/80」を切る破格の確率…「遊びやすさ」がウマすぎる!!の画像1

 男のロマンが詰め込められた人気シリーズ『ジューシーハニー』から最新作として甘デジタイプが導入された。『PA激デジジューシーハニー3』である。

 激デジとは、”甘デジをより遊びやすく”をコンセプトに設計されたサンセイが唱える新たなスペックタイプで、この『PA激デジジューシーハニー3』は大当り確率が1/77.74と破格なうえに、ST突入率100%と発動条件の低い遊タイムが搭載された仕様となっている。

 その分、出玉の性能面で大幅な譲歩を迫られると懸念するファンも多いだろうが、同社によれば従来の甘デジと同等の出玉感を得られることができるようである。

 気になるゲーム性は、これまでのシリーズ機の甘デジタイプと基本的に変わりはない。初当りのほとんどで移行する32回のST「ジューシーハーレムTIME」で大当りするとST32回+時短50回転の上位モード「ジューシーハニーTIME」に突入。いわゆる突破型のフォーマットで、ジューシーハーレムTIMEの引き戻し率は約46.4%である。

 ジューシーハニーTIMEは継続率が約72%で、4ラウンド約400発の出玉がメインとなるが右打ち中の10%で最大出玉となる10ラウンド約1000発の大当りを獲得できるようになっている。

 そのジューシーTIMEは大きく分けて2つのパートで構成される。まずは「アピールTIME」として20回転ごとにプレイヤーが選択した3人の女優によって演出が展開。選んだ人物によって「スピード型」「ZONE型」「参加型」「ストック型」などにゲーム性が変化する。

 このアピールTIMEが1~20回転、21~40回転、41~60回転と3セットで進んでいく。ちなみに、本機のSTは32回転なので、2回目のセットの際は前半と後半で大当り期待度に差が発生するのも面白い。

 そして、残りの22回転は「ハーレムTIME」として、本機に登場する全女優からモテまくる夢のひと時を堪能できる。女の子と口づけを交わせれば大当りとなる、まさにハーレムTIMEなのである。

 ハーレムといえば、本機の遊タイムは発動条件が通常時200回転消化と破格のハマリ回数に設定されているので、電サポモード中に大当りできず通常モードに戻っても、ジューシーハニーTIME消化後なら150回転で遊タイムに到達できる。これぞ激デジの真骨頂となる。

 ちなみに、遊タイムで発動する電サポは279回転で、約97.8%の確率で大当りを射止められるようになっている。もちろん、電サポ中の大当りなのでST32回+時短50回の上位モードへの突入が約束され、遊タイムのなかでも別格の高性能で遊びやすさをサポートしている。

 甘デジタイプも新たな時代へ突入することを予感させる『PA激デジジューシーハニー3』。芳醇かつ激アツな甘デジネクストな一台である。

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】

パチスロ6月新台「万枚報告」がさらに増加? 6号機最高峰の“荒波マシン”が続々と登場!

パチンコ店を襲う「最強クレーマー」に精神崩壊の危機…「閉店後も続く攻撃」を止めたのは「最強スペック」!?

パチンコ「一撃30連」「9万発達成」など歓喜の声が続出!?「1500発×高ループ」が超スピードで展開される話題のマシン!!

甘デジ「最短150回転」で発動のネオ時短!「1/80」を切る破格の確率…「遊びやすさ」がウマすぎる!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合