NEW

パチスロ「4号機」を彷彿とさせる立ち回りが炸裂!?「絶大な恩恵」に期待できる「○○台」で快勝なるか!!

【この記事のキーワード】,

パチスロ「4号機」を彷彿とさせる立ち回りが炸裂!?「絶大な恩恵」に期待できる「○○台」で快勝なるか!!の画像1

 今日も今日とて、用もないのに近所のパチ屋でシマをあちこちフラフラしている町男です。ありていに言えば現実逃避なのですが、逃避する現実があるってことが逆に幸せだったりしますよね。は?

 ただ、最近では遊タイムなんてものもあって、パチンコのシマをなんの気なしにプラプラしていると発動射程圏内の台に巡り会えることも。このあたりは、パチスロ4号機ストックマシン全盛期の匂いがかすかにしてこなくもない。

 当時のストック機は出玉力に優れた機種が多かったうえに、決まった機種の決まった回転数の台を打つだけで普通にサラリーマンの月給くらい勝てることもありました。いまとなってはおとぎ話みたいです。

 しかし、そのレベルは無理にしても、効果の高い遊タイム機が続々と設置されている状況。かつてのパチスロの賑わいが繰り返されてもおかしくはない。

 そんな折に、『ぱちんこウルトラセブン超乱舞』が280回転ほどで放置されているのを見つけました。まず、回りをきょろきょろし、台が確保されていないかをチェック。どうやら完全に空き台のようです。

「いや、これは罠ではないか?」

 うまい話には裏があるもの。実はST200回の機種で西村京太郎も驚きのトリックによって私を陥れようとしているのではないだろうか。疑心暗鬼しかありません。

 もちろん、『セブン超乱舞』は1種2種混合機。連チャン後であっても全部時短消化なので遊タイムの発動条件に加算されますし、サブ液晶にもしっかり「残り220回転」と表示されているではありませんか。ここで私は両手を合わせ神に感謝しました。ありがとうございます。

 ここまで打ち始めるにたる条件は充分に揃っていますが、もうひとつだけ懸念すべき事柄がないではない。回転率。これ、鬼ほど回らないから前任者が諦めて遊タイムを目指すのを放棄したのではないか? 実際、これはかなりよくあるパターンで、絶妙の回転数で捨てられている遊タイム機の代替がこの理由なのですよ。

 一応はと、恐る恐る着席して打ち出してみると、普通に回った。じゃあなぜ捨てた? とよりいっそう疑念が渦巻きますが、他人を理解しようなどとは思い上がった考え方。というか、そんなことどうでもいいから遊タイム入ってウハウハさせてくれぃ。

 と、ここではたと気がついた。ああそうだ。もうひとつ、最大の罠が待ち受けていたのだ。「遊タイム直前当り」。人呼んで天井ストッパーの存在です。これもかなりの確率で発生しますよ。特に私のような引きの弱い人間にかぎって天井手前で大当りを引くのです。

 そして、同然のようにこの悪魔のシステムは私に作動しました。遊タイム発動まで約50回転に迫ったところでにわかに液晶が騒ぎ出し、プププと風が私の手のひらを刺激する。おお神よ。さっき祈った人間にこんなにひどい仕打ちをするか。

パチスロ「4号機」を彷彿とさせる立ち回りが炸裂!?「絶大な恩恵」に期待できる「○○台」で快勝なるか!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合