NEW

JRAエプソムCは狙って獲る“究極の万馬券獲得レース”。昨年激走ダイワキャグニーの裏事情暴露、421万馬券の再現あるか!?

【この記事のキーワード】

, ,

エプソムCは狙って獲る“究極の万馬券獲得レース”。昨年激走ダイワキャグニーの裏事情暴露、421万馬券の再現あるか!?の画像1
万馬券ハンターがエプソムCの裏事情を暴露

●夏競馬の開幕

 歴史に残る激戦となった日本ダービー(G1)と安田記念(G1)が終わり、来年のクラシックを目指す新馬戦も開幕。そして今週から夏のJRAを象徴する札幌競馬も開幕し、本格的に夏競馬がスタートする。その夏の開幕を告げる注目の重賞レースが、今週行われるエプソムC(G3)と函館スプリントS(G3)だ。

 エプソムCは現在4年連続で1番人気が敗退、昨年は3連単421万馬券という超特大の万馬券が飛び出しているように、とにかく波乱含みで難解なレース。勝利したのが9番人気ダイワキャグニー、3着に最低18番人気トーラスジェミニが激走するなど、誰が予想できただろうか。そして函館スプリントSは、JRA恒例のサマースプリントシリーズの開幕戦。今年は東京オリンピックの関係で函館競馬場ではなく札幌競馬場で行われる。ワールドオールスタージョッキーズはコロナ禍の影響で無念の中止となったため、サマーシリーズがこの夏を代表するJRAのイベントでもある。

 ともに注目のレースだが、馬券的妙味は断然エプソムCだろう。前述したように昨年は421万という大波乱となっているだけでなく、5年連続で万馬券決着となっているのだから、ファンとしては心躍るものがあるはず。そして今年の出走メンバーを見渡しても、昨年同様に波乱の様相となっている。言い換えれば、何が激走するのかわからない、とにかく難解なレースなのだ。

 しかしこのエプソムCを“究極の万馬券獲得レース”と指定し、万馬券的中に自信を見せているのが暴露王だ。業界屈指の穴馬ハンターとして知られ、万馬券のスペシャリストである暴露王。その万馬券実績は凄まじく、昨年は衝撃の100万馬券となる3連単119万馬券を的中させるなど、年間357本の万馬券を的中。そして今年もすでに114本の万馬券を的中(5月30日現在)と、その実績はファンやマスコミの及ぶところではない。彼らがエプソムCに向けてどんな情報を把握しているのか、そしてどんな結末を想定しているのか話を聞いた。

エプソムCは狙って獲る“究極の万馬券獲得レース”。昨年激走ダイワキャグニーの裏事情暴露、421万馬券の再現あるか!?の画像2
100万馬券的中の本物がエプソムCで万馬券宣言(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

●昨年421万馬券の裏事情

――今週のエプソムCについて万馬券の的中を宣言していると聞きました。どんな情報を把握しているのですか?

担当者 今年の前に昨年のレースを少し振り返りましょう。昨年のエプソムCで勝利したダイワキャグニーは、レースの前にオーナーである大城会長が亡くなり、陣営としては何が何でも勝ちにいくレースでした。前走の新潟大賞典で14着に大敗したことで人気を落としていましたが、その前の金鯱賞では3着、前年のジャパンCでは6着と実績は上位、そして大の府中巧者であるにも関わらず、まさに人気の盲点でした。そして3着には単勝136倍のトーラスジェミニが激走して421万馬券となっていますが、今年も同様に大きく荒れる余地があります。鍵を握るのは1頭の特大穴馬と1頭の穴馬。上位人気馬が絡んでも、この2頭が好走することで500倍前後の万馬券は固いですし、世間が上位人気馬により注目するようなら、さらなる高額万馬券も期待できるかもしれません。

――そういえば、昨年のこの時期に暴露王さんは100万馬券を的中させていますよね。もしかしたら、そんな高額万馬券も…。

担当者 あのレース(2020年6月27日阪神11R水無月S)は14番人気2着フェルトベルクと7番人気3着アカネサスの激走情報、そして危険な上位人気の不安情報によって100万馬券の的中に繋がりました。そして今回のエプソムCで入手している情報は、奇しくもそれらの情報を入手した提携記者が自信の穴馬として報告してくれたものです。当然期待は高まりますよね。

――暴露王さんが提携する競馬記者はどんな方なのですか?

担当者 競馬記者には大きく分けて2通りの方がいます。一つは完全なサラリーマンタイプで、競馬関係者と適度に距離を置いて淡々と表面的な仕事をこなす人。一方で、競馬関係者と親身に付き合い、厚い信頼関係を構築する記者もいます。どちらが関係者から本物の情報を入手できるか、答えは簡単ですよね。我々暴露王が提携するのは後者の記者であり、その中でも凄腕中の凄腕。コロナ禍でJRAの取材規制が実施されている中でも、本物の情報や関係者の本音を独自に入手できる者ばかりです。

――だから、一般的なマスコミでは入手できないような、関係者の本音が把握できると。そしてそれが万馬券に繋がる穴馬なのですね。

担当者 仰る通りです。100万馬券的中の際に推奨した14番人気2着フェルトベルクは、3走連続で二桁着順でしたが、5か月ぶりの一戦で減り続けた馬体が戻って馬がガラッと変わっており、陣営は相当な手応えを掴んでいました。しかしそれまでの成績だけを見たファンやマスコミは、陣営の自信を知ることなく無印にしていましたからね。さらに今年の皐月賞でも共同通信杯の敗退で人気を落としていたステラヴェローチェから万馬券を的中させましたが、人気を落としたことで逆に陣営は自信を見せていましたからね。今週のエプソムCも同じような現象となる要素は十分に揃っています。非常に楽しみです。

エプソムCは狙って獲る“究極の万馬券獲得レース”。昨年激走ダイワキャグニーの裏事情暴露、421万馬券の再現あるか!?の画像3
皐月賞も人気薄ステラヴェローチェから万馬券的中

――その穴馬やエプソムCの買い目など、教えていただくことは可能ですか?

担当者 陣営からの要望は2つ。一つは影響の大きいスポーツ紙や競馬専門紙に掲載しないこと。大々的に記事にされると、他の陣営からマークされ、作戦が台無しになってしまう可能性があるようです。もう一つは直前まで公にしないこと。早めに公開すると、マスコミがこの情報をキャッチしてしまう可能性がありますからね。以上を踏まえ、レース当日に我々暴露王を通じて、その穴馬、そしてエプソムCの馬単、3連単、3連複馬券の無料公開が可能となっています。

――我々もその情報を知ることができるのですね?

担当者 一般的なスポーツ紙や競馬専門紙の場合、取材相手として調教師や厩務員の名前が出ますが、これをされると関係者は本音を話せません。それを濁すことによって、本音の中の本音を明かしてくれるのです。そして関係者は、ファンに馬券を的中させてほしいと思っているので、我々に協力してくれるのです。ですから、遠慮なくこの情報を活用して、的中馬券を手にしていただきたいですね。

――今からレースが楽しみです。今回はありがとうございました。

 暴露王の話を聞いてみると、あらためて競馬の奥深さを考えさせられる。関係者とマスコミの関係、そしてレースで勝つために必要なことは何かがわかったような気がする。暴露王が入手する情報は、確かに一般的なマスコミでは入手できない関係者の本音ばかりだ。そしてその情報が万馬券に直結するのは説明するまでもなく、何よりもファンが欲しているものでもある。そんな特別な穴馬情報を無料で入手できるチャンスが、今週のエプソムCだ。果たしてそれはどんな情報なのか、どんな買い目なのか、ぜひ暴露王の無料情報で確認していただきたい。

CLICK→【無料公開!エプソムC“究極の万馬券獲得レース”馬単、3連単、3連複】暴露王

※本稿はPR記事です。

JRAエプソムCは狙って獲る“究極の万馬券獲得レース”。昨年激走ダイワキャグニーの裏事情暴露、421万馬券の再現あるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!