NEW

パチスロ「激アツ技術介入」シリーズ降臨! 4号機の「大量獲得機」ファン歓喜!!【新台分析―パチスロ編―】

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ「激アツ技術介入」シリーズ降臨! 4号機の「大量獲得機」ファン歓喜!!【新台分析―パチスロ編―】の画像1

 魅力的な新機種をリリースし続けている大手サミー。パチンコ・パチスロ両分野に大物シリーズ『北斗の拳』を投入するなど、変わらず抜群の存在感を放っている。

 もちろん『北斗の拳』シリーズ以外でも反響を得ている同社。最近では人気テレビアニメをモチーフに据えた『パチスロAngel Beats!』が話題となった。

 出玉増加のカギを握るのは、ライブの臨場感と出玉の期待感を融合させたAT機能「GDM DREAM LIVE」。1G純増約5.0枚の差枚数管理型で、消化中は設定を問わず約1/24で30枚~最大300枚の上乗せが発生するのが大きな特徴だ。

 AT後は約40Gの引き戻しゾーン「Endless Beats!」に突入。自力でポイントを獲得していき、ポイントに応じて引き戻し抽選が行われる。早い段階よりそのAT性能を評価する声は多かったが、終日で8000枚以上のデータが確認されるなど期待に応えていた印象。ポテンシャルの高さを証明したとも言えるだろう。

 話題作を発表し続けるサミーは、7日からの週にパチスロ4号機時代の「名作」を復活させる。

パチスロ「激アツ技術介入」シリーズ降臨! 4号機の「大量獲得機」ファン歓喜!!【新台分析―パチスロ編―】の画像2
公式HPより

「大量獲得マシン」として人気を集めた初代『ガメラ』。安定して約650枚の獲得が期待でき、技術介入を駆使することで設定1でも機械割が100%を超える仕様は多くのユーザーを熱くさせた。

 そんな初代の遺伝子を色濃く受け継いだシリーズ最新作がホールへ上陸する。『パチスロガメラ』は、『パチスロディスクアップ』に続く「技術介入シリーズ」。新スペック「A600-AT」を採用している。

 擬似ボーナスで当時の出玉イメージを再現しており、ビッグ獲得枚数は平均約560枚。1回約90枚のJAC×最低5セット継続のビッグ中には技術介入要素があり、フル攻略ならば設定1でも機械割は102%に達する。

 その技術介入要素は高い技術が求められるわけではなく、2コマ目押しと上級者でなくとも楽しめる仕様。打ち手を限定しない仕様は、稼働を後押しする要素となりそうだ。

 もうひとつのボーナスであるREGはJACゲーム1セットで終了。消化中はフリーズ発生でビッグへと昇格するようだ。気になるボーナス合算確率は設定1:1/219.0~設定6:1/170.8。50枚あたりのコイン持ちは33.6G(設定1)となっている。

【注目記事】

パチスロ「新ハナビ」で注目メーカーがST革命! パチンコ初「返り咲きST」搭載マシン、いよいよデビュー

パチンコ新台『牙狼』は「反則級スピード」×「初代レベルの破壊力」と確信…「時速5万発」超えに大きく期待!?

甘デジ新台「強烈な1000発ループ」の爆発力にヤミツキ!「100%RUSH」の安定感も兼ね備えた話題作に熱視線!!

パチスロ「激アツ技術介入」シリーズ降臨! 4号機の「大量獲得機」ファン歓喜!!【新台分析―パチスロ編―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!