NEW

パチスロ「低設定域でも戦える」新台も発表の大手グループへ期待!「激アツ分野」の名作にも注目集まる!!

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「低設定域でも戦える」新台も発表の大手グループへ期待!「激アツ分野」の名作にも注目集まる!!の画像1

 3D格闘ゲームの名作『バーチャファイター』が、eスポーツ仕様にリメイクされ配信が開始された。

 セガの創立60周年記念事業の1つだそうでプラットフォームはPS4とアーケード、もちろんオンライン対戦が可能だ。

 バーチャファイターは1993年に登場した対戦型格闘ゲームで2Dキャラが一般的だった時代にポリゴンを使用し、初めて3Dで表現した画期的な格闘ゲームで、『ストⅡ』に続く格闘ゲームブームを巻き起こした。

 格闘ゲームをプレイしなくなって久しいが、昔は対面の相手と対戦するだけだったのが、現在はオンライン上でまだ見ぬ全国の強敵と戦えるのだからもっと楽しいのかも知れない。

 実際に目の前に居る対戦相手とケンカになる事もないだろうし、私自身も『格ゲー』にはハマったものだ。

 他にも格闘ゲームといえばブームの火付け役だったカプコンの『ストリートファイター』シリーズや、バーチャファイターの最大のライバルと言われたバンダイナムコの『鉄拳』シリーズが有名だが、どれもよく遊んだものだ。

 ゲームとパチスロの親和性が高いのは言うまでもないが、格闘ゲームは特にパチスロとマッチするように思える。

 ストリートファイターやバーチャファイターなどは何度もタイアップ化されている。パチスロ鉄拳シリーズは、もはやすっかり山佐の定番機種となった感すらある。

 他ではSNKの『餓狼伝説』や『ザ・キング・オブ・ファイターズ』、『龍虎の拳』、『サムライスピリッツ』、あたりも中々メジャーなタイトルで全て同社からパチスロ化されているが、既にパチスロ市場から撤退しているのが悔やまれる。

 若干知名度は劣るがコナミの『ランブルローズ』やコーエーテクモの『デッドオアアライブ』もユニバーサルからパチスロ化されているし、マニアックなところではアトラスの『豪血寺一族』なんかも西陣からパチンコ化されている。

 こう見てみると実に多い。本当に沢山の格闘ゲームがパチンコ、パチスロ化された事に少々驚いてしまう。

 話を戻すが今回のバーチャ復活はeスポーツという事で、新たなスターの誕生にも期待が持てる。自身の時代はゲーセンでガチャガチャやっていただけなのが、「富と名声にも繋がるかも知れない」と考えれば本当に夢があるだろう。

 我がパチンコ業界でも「入替をスポーツに」の取り組みで新たに立ち上がった『島上の格闘技iスポーツ』が話題を集め、その記念すべき第1回大会が無事開催された。こちらにも注目していきたいところだ。

 もちろん稼働好調な『頭文字D』を筆頭に、低設定域でも十分戦えるスペックの『Sガメラ』や8月にリリースが決定したばかりの『Sコードギアス反逆のルルーシュ3』など、話題に事欠かないサミーにも改めて注目したい。

(文=オーハナB)
<著者プロフィール>
元ホール店員、店長経験者。パチンコ店の裏側で起きた出来事や、人間関係を題材にしたコラムを担当している。過去に話題になった業界ネタなど、時代背景を感じる記事も作成中。自身の思い入れのあるシリーズの動向にも熱い視線を注ぐ。

【注目記事】

パチンコ新台「店が潰れる」レベルの「ぶっ壊れスペック」!? 「右ALL2000発」×「高ループ」は興奮必至!!

パチンコ「10分で万発」の爆速マシンも話題!「高継続」×「ALL1500発」の大物など「激熱タイトル」続々登場!!

パチスロ新台「自力が勝敗を左右」する!? 手に汗握る展開を“究極進化”させた「激アツ台」を考察!!

パチスロ「低設定域でも戦える」新台も発表の大手グループへ期待!「激アツ分野」の名作にも注目集まる!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!