NEW

ディープインパクト「雪辱の凱旋門賞」制覇に王手! 薬物失格から15年……「16馬身差圧勝」スノーフォールがブックメーカー1番人気に

【この記事のキーワード】, ,

ディープインパクト「雪辱の凱旋門賞」制覇に王手! 薬物失格から15年……「16馬身差圧勝」スノーフォールがブックメーカー1番人気にの画像1

 英国の“衝撃”が日本まで伝わってきた。

 4日、英エプソム競馬場で行われた英オークス(G1)を、ディープインパクト産駒のスノーフォール(牝3歳、愛・A.オブライエン厩舎)が16馬身差という歴史的大差をつけて圧勝。日本産馬が初の英国女王に輝いた。

 まさに衝撃的な勝利だった。14頭立て芝2400mのレースで、最後の直線を好位で迎えたスノーフォールは鞍上のL.デットーリ騎手のゴーサインに応えると、一気に馬群から抜け出して後続を突き放す。その後はまさに独走状態。ライバルたちをまったく寄せ付けず、先頭のままゴール板を通過した。

ディープインパクト「雪辱の凱旋門賞」制覇に王手! 薬物失格から15年……「16馬身差圧勝」スノーフォールがブックメーカー1番人気にの画像2

 この圧勝劇には、デットーリ騎手も「たくさんのクラシックを勝ってきたけど、こんなに楽勝だったことは今までになかった」と手放しで称賛。

 かつて英オークスを勝って、凱旋門賞(G1)を連覇したエネイブルを引き合いに出し「彼女は英オークスを勝った後、キングジョージ(6世&QES・G1)も、愛オークス(G1)も、凱旋門賞も勝ちました。同じことができれば、スノーフォールも同じように素晴らしい馬だと言えます」と欧州最強の歴史的名牝に肩を並べる可能性を示唆している。

「スノーフォールは、これまで9戦3勝と決してエリート街道を進んできたわけではありません。初勝利を挙げるまでに3戦を要しましたし、昨年のフィリーズマイル(G1)では3着でゴールしたように見えましたが、実は同じオブライエン厩舎のマザーアースと取り違えられていたという前代未聞の事件が発覚。結局、マザーアースが3着でスノーフォールは8着という憂き目にも遭っています。

しかし、今年になって前走のミュージドラS(G3)で距離を2100mに伸ばしたところ、7頭中4番人気の評価を覆して3馬身3/4差の完勝。この勝利が評価されて、今回の英オークスでは3番人気に支持されていました。

また、一方でスノーフォールと取り違えられたマザーアースも日本の桜花賞(G1)にあたる英1000ギニー(G1)を勝利。オブライエン厩舎にとっても、昨年のフィリーズマイルから名誉挽回の結果になりましたね」(競馬記者)

 なお、今回の歴史的圧勝劇を受け、欧州の主要ブックメーカーはスノーフォールを今秋の凱旋門賞の1番人気に設定。この勝利は、一昨年に他界した父ディープインパクトにとっても非常に大きな一歩と言えるはずだ。

 昨年まで9年連続のリーディングサイアーに輝くなど、日本では敵なしの大種牡馬ディープインパクト。だが、一方で世界の頂上決戦となる凱旋門賞では、苦杯をなめ続けてきた歴史がある。

ディープインパクト「雪辱の凱旋門賞」制覇に王手! 薬物失格から15年……「16馬身差圧勝」スノーフォールがブックメーカー1番人気にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合