NEW

パチスロ『ミリオンゴッド』でも感じた違和感!?「強力な恩恵」を備えたシステムの歴史は古く…

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ『ミリオンゴッド』でも感じた違和感!?「強力な恩恵」を備えたシステムの歴史は古く…の画像1

 パチスロを遊技する際に、台を選択する目安の一つとなるのが天井だと思います。

 もちろんその他のデータ、ボーナス確率や、グラフなど指標は様々でしょう。「データなんて一切気にしない」「運が全て」という方もいらっしゃるとは思いますが。

 誰もがストイックに勝ちを目指している訳でもなく、特にAT・ART機においては「とりあえず1度ボーナス、AT等を引くか、天井まで打つ」という方も少なくないでしょう。

 例えば「天井まで残り800G、天井まで25000円か。とりあえず足りるな」などと打ち始める方は意外に多いと思いますし、私自身もそれに当てはまります。

 天井にも色々なタイプがあり、その多くは一定のG数消化で到達するというもの。他には特定の小役が一定回数揃えば天井となるものや、CZ等を一定回数スルーで到達となるもの、周期抽選〇回スルーで天井など、実に様々です。

 中には4号機『ハローサンタ(ストック機)』のような一定のG間(当機では最大18G)小役非当選で天井到達となる珍しいタイプで、その天井は小役当選毎にリセットされ、常に天井を目指すようなゲーム性の台も過去には存在しました。

 そして天井の恩恵にも様々なタイプがありますが、中には強力な恩恵を備えている機種もあり、その機種において天井が間近となった際には非常にドキドキするものがありました。

 逆に天井直前でボーナス等を引いた際には非常にガッカリ…。そういった事が立て続けに起こった際には「天井ストッパーでもあるんじゃないか?」と疑いたくもなりましたね。

 わりと最近でいえば『アナザーゴッドハーデス』や『ミリオンゴッド神々の凱旋』などが「その類」でしょうか?

 両機種の天井は一定G数の到達でそれぞれ1570Gと1480G+前兆G。ハーデスの天井恩恵はジャッジメントで冥王確定、凱旋では1/2で80%ループ選択とそれぞれが中々に強力なものです。

 少しの何かが噛み合えば、一撃で多額の投資を一気に取り戻す事も可能でした。両機種とも0Gから天井を目指すとしたら約3000枚、20円スロット換算で約6万円もの投資が必要とリスクも大きい訳ですが、GOD系の機種には「設定なんて関係ない、いつでも全ツッパ」的な打ち手が多く存在したのもまた事実でしょう。

 以前ほどではないにせよ、天井狙いユーザーが多数存在するのも頷ける話ですね。

 特にGOD系両機において天井まで100Gを切った時の高揚感、緊張感と言ったら半端じゃなかったと思います。その時点で強い小役を引いた時にはもう「やめてくれー!勘弁してくれー!何も引くなー」的な心情になるのは当然かと。

 そこで「AT引いちゃったよガックリ~」なんていう経験、あると思います。逆に見事天井到達したときの達成感と来たら…もう大量GETが決まったかのような心境になっていたりしますから(笑)。

 もちろん天井など行かずに、さっさと出てしまうのが一番なんですけどね。でも、そう考えると天井というのも中々に魅力があると思いませんか?

 しかし、この天井っていつ頃からあるんでしょう?

 パチスロの歴史はおよそ半世紀。実はこの天井の歴史も実に古いんです。
 でもそれはまた次の機会に。

(文=電撃しらっち)
<著者プロフィール>
業界歴30年。遊技機販売業など様々な業種を経験し、現在はライターとしての活動にも力を入れている。レトロパチンコ・パチスロの実戦記事や、業界関係者への取材記事も担当。羽根モノや一発台を特集するなど、オールドファンにも響く内容も積極的に作成している。

【注目記事】

パチンコ「MAXバトル」が生み出す爆裂性!「圧倒的〇〇度」も勝負師の“本能”を呼び起こす!!

パチンコ新台『牙狼』に続く「継続率95%」の衝撃作がまもなく! 他メーカーから“鞍替え”で仕上りにも期待?

パチスロ「万枚マシン」実戦で「兎味ペロリナ」爆弾発言!? 飛び出した「衝撃的な内容!?」が話題!!

パチスロ『ミリオンゴッド』でも感じた違和感!?「強力な恩恵」を備えたシステムの歴史は古く…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!