NEW

JRA「迷走」サリオス安藤勝己氏VS堀宣行調教師で意見真っ二つ……「何度も言うけど、マイルじゃ忙しい」「能力を出すのに何の問題もない」世代No.2の本当の姿は

【この記事のキーワード】, ,
JRA「迷走」サリオス安藤勝己氏VS堀宣行調教師で意見真っ二つ……「何度も言うけど、マイルじゃ忙しい」「能力を出すのに何の問題もない」世代No.2の本当の姿はの画像1
サリオス 松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

 先週行われた春のマイル王決定戦・安田記念(G1)で3番人気に支持されたサリオス(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)は、ほとんど見せ場をつくることもできずに8着に敗れた。

 昨年、無敗の三冠を達成したコントレイルの最大のライバルと評されているサリオス。昨秋の毎日王冠(G2)から勝ち星に遠ざかっているものの、今回の安田記念では昨年の最優秀短距離馬グランアレグリア、一昨年の最優秀短距離馬インディチャンプに次ぐ3番人気に支持されていた。

 それもグランアレグリアこそ抜けた人気だったが、インディチャンプの単勝7倍に対して、サリオスは7.9倍。これだけを見ても、ファンの期待が如何に高かったのかが窺える。重賞2勝を含む連対率100%の東京、G1勝ちのあるマイル戦であれば頂点に立てるだけの器と見込まれての支持だった。

 しかし、レースでは松山弘平騎手の「スタートからトモ(後肢)の踏ん張りが利かず、取りたいポジションを取れませんでした」との言葉通り、スタートからダッシュがつかずに後方から。「もう少しいい位置で脚を溜めたかった」と悔やむからには、完全に想定外の展開だろう。次々に前へ入られて好枠と思われた1枠1番が仇になると、最後の直線を迎えた時には、ほぼ勝ち目なしといった状況だった。

「松山騎手が『陣営が上手く調整してくれた』とコメントしていた通り、状態は決して悪くなかったと思います。それでも行き脚がつかなかったことで、レース後にはファンからは今回の安田記念参戦に懐疑的な声も聞かれますね。

堀宣行調教師も『東京マイルは、この馬の能力を出すのに何の問題もないコース、言い訳できないコース』と意気込んでいただけに、陣営のショックも小さくはないと思います」(競馬記者)

 2歳時にマイル戦を3連勝し、朝日杯フューチュリティS(G1)を勝利。世代の頂点に立ったサリオスだが、常々「本当にマイルがベストなのか」という疑問が付きまとっていた。

JRA「迷走」サリオス安藤勝己氏VS堀宣行調教師で意見真っ二つ……「何度も言うけど、マイルじゃ忙しい」「能力を出すのに何の問題もない」世代No.2の本当の姿はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦