NEW

JRA「迷走」サリオス安藤勝己氏VS堀宣行調教師で意見真っ二つ……「何度も言うけど、マイルじゃ忙しい」「能力を出すのに何の問題もない」世代No.2の本当の姿は

【この記事のキーワード】, ,

 元JRA騎手で競馬評論家の安藤勝己氏は、2歳の時から自身のTwitterを通じて「ゆくゆく2000mまでならこの馬(コントレイル)、それ以上ならサリオスって構図になりそう。使ったレースとは逆の適性やとオレは思う」とサリオスのマイル挑戦に疑問を投げかけており、今回の敗戦にも「何度も言うけど、サリオスは基本マイルじゃ忙しい」と苦言を呈している。

「2歳の時にマイル戦で成績を残しても、3歳秋以降はそれぞれの得意距離にカテゴライズされますからね。『超一線級のマイラーに交ざってどうか』という疑問はありました。

また陣営にとって、今後の指針になったはずの昨秋のマイルCS(G1)では、大きく出遅れてほとんどレースに参加できず……最後は上がり最速の末脚で追い上げて5着でしたが、これでマイルがベストとは判断できなかったと思います。そういった意味では、今回の安田記念の敗戦で、ある程度の答えが出た気もしますね」(同)

 また、安藤氏による見解の裏付けとなったのが、姉サラキアの活躍だ。

JRA「迷走」サリオス安藤勝己氏VS堀宣行調教師で意見真っ二つ……「何度も言うけど、マイルじゃ忙しい」「能力を出すのに何の問題もない」世代No.2の本当の姿はの画像2

 サラキアは3、4歳と2000m以下を中心に使われていたが、重賞勝ちには一歩届かない存在だった。しかし、5歳を迎えた昨秋、1800mの府中牝馬S(G2)で重賞初勝利を挙げると、その勢いのまま2200mのエリザベス女王杯(G1)で2着。2500mで行われた年末の有馬記念(G1)でも11番人気ながら2着に好走し、ファンを驚かせた。

「ディープインパクト産駒の姉サラキアに対して、サリオスはハーツクライ産駒。牝馬・牡馬の違いもあって、血統的に見ればサリオスがサラキアより、さらに距離をこなしても不思議ではありません。

陣営としては2000mの皐月賞(G1)で0.1秒差だったコントレイルに、2400mの日本ダービーで0.5秒差をつけられたことで距離を短縮したようですが、それ以上に位置取りの差が大きかったような気がします。実際に上がり3ハロンでは0.1秒しか負けていないわけですし、最後も止まったという感じではありませんでした」

 一方で、堀調教師は安田記念前の共同会見でサリオスの距離適性について問われ「細かい要素が影響しますから、一概には言えない」と明言を避けている。

 ただ、前走の大阪杯(G1)については、右回りで小回りの2000mに「この馬にとって大きなチャレンジだった」と話していることから、少なくとも安田記念の東京マイルには小さくはない適性を感じていたはずだ。

「難しいなか、陣営が上手く調整してくださったと思いますが、申し訳ない結果になってしまいました」

 レース後、そう関係者やファンへ謝罪した松山騎手。だが、あの展開では「誰が乗っても……」と思う人も少なくないだろう。果たして世代No.2は今後、どこへ矛先を向けるのか。休養中のコントレイルと共に、このままでは終われないはずだ。(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA「迷走」サリオス安藤勝己氏VS堀宣行調教師で意見真っ二つ……「何度も言うけど、マイルじゃ忙しい」「能力を出すのに何の問題もない」世代No.2の本当の姿はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?