NEW

パチンコ店に「犯罪の香り」を漂わせる「不可解な来訪者」…驚愕の“怒り”を呼ぶ「大金損失」の危機!?

【この記事のキーワード】

,

パチンコ店に「犯罪の香り」を漂わせる「不可解な来訪者」…驚愕の怒りを呼ぶ「大金損失」の危機!?の画像1

 先日、元プロ野球選手の男性がパチンコ店で窃盗の疑いで逮捕されたニュースが取り上げられておりました。

 他のお客さんが遊技台に財布を置いたまま離席。それを盗んで御用となったそうです。プロ野球ファンを驚かせるひとつの事件となっておりますが、何か事情があったのでしょうか。私自身も複雑な気持ちを抱いております。

 しかし、これは犯罪。どんな事情があったにせよ許されざる行為です。二度と同じ過ちを繰り返さないでいただきたいものですが…。

 パチンコ店は今回のような「置き引き」が起こりやすい環境とも言えます。

 私も遊技に夢中になって、台を離れる際に何かを忘れることは多いです。飲みかけのドリンクなどのちょっとしたものから、携帯電話や車の鍵といった重要アイテムなど。過去の忘れ物を数えたら相当な量になると思います。

 さすがに自分の場合は「多すぎだろ」と突っ込まれても仕方がありませんが、皆さんも一度くらいは忘れ物をした経験があるのではないでしょうか。

 実際、ホール店員として働いていた頃は、忘れ物に関するトラブルは少なくありませんでした。先述した財布や、お年寄りのの入れ歯など。実に様々な忘れ物を目の当たりにしてきました。

 特に貴重品に関しては、置き引きの被害を未然に防ぐよう「かなり気を使って店内を巡回」していました。私のいたホールの場合、台に財布や残高の入ったICカードのみが残されていた際は、お客様が戻られるまでその場で待機していたのです。

 しばらく経っても戻らない場合は、忘れ物と判断して事務所の金庫にて保管していました。その際に持ち主の氏名や生年月日が分かる免許証などを確認。お客様が現れた時は、本人確認をしっかりと行ったうえで返却していたのです。

 また、ドリンクや小物入れ、椅子にかけた上着などの一般的なものは、カウンターにてお預かりしておりました。その際にインカムで「○○色の□□をカウンターでお預かりします」と報告し、どのスタッフが対応してもスムーズにお返しできるように連携をとっていたのでした。

 このように、ホールでは忘れ物を慎重に取り扱っていたわけですが…。そのような対応が“無意味”と感じてしまうような「トラブル」は起きてしまうものです。

「犯罪の香り」が強烈に漂った出来事や、あの“仏”のようなお客様が“阿修羅”の如き怒りを爆発させたことも…。

 今回は、特に印象に残っている「実に強烈なエピソード」をご紹介したいと思います。

パチンコ店に「犯罪の香り」を漂わせる「不可解な来訪者」…驚愕の“怒り”を呼ぶ「大金損失」の危機!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!