NEW

パチンコ新台『牙狼』に匹敵する“3000発ループ”の爆裂マシン! シリーズ最高クラスの仕上りに期待

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ新台『牙狼』に匹敵する3000発ループの爆裂マシン! シリーズ最高クラスの仕上りに期待の画像1

 ファン待望のシリーズ最新作『P牙狼 月虹ノ旅人』をリリースしたサンセイR&D。MAX機時代に旋風を巻き起こした『初代牙狼』のゲーム性を見事に再現し、プレイヤーからは絶賛の声が相次いでいるが、そんな同社の快進撃はまだまだ続きそうだ。

 2016年からサンセイが製造している『巨人の星』。そのシリーズ最新作『P巨人の星 一球入魂3000』が7月に導入予定だが、注目すべきは「新たなる3Kスペック」と銘打たれた強力な出玉性能だ。

 スペックは大当り確率約1/319のミドルタイプ。ヘソ大当りの55%で継続率77%の右打ち「一球入魂MAX」に突入する仕様で、ヘソ大当り時の10%は2400発+RUSH直行の「ラッキーセブンBONUS」となる。

 気になるRUSH中は「日本代表BATTLEモード」「飛雄馬激闘モード」「日本代表BATTLEモードwith一徹告知」の3種類のモードから選択可能。いずれも、試合展開や敵投手の球種など、野球ならではのチャンスアップ要素がふんだんに用意されており、『巨人の星』の世界感を存分に堪能することができる。

 そして右打ちの大当り性能は、機種名にもある通り、最大3000発を獲得(10R×3回)できる「3K BONUS」が50%で発生。それに加えて、平均300発の「情熱ポケット」なるおまけチャッカーも搭載されていることで、1回の大当りでドル箱2つ分ぐらいの出玉をゲットできるのだ。本機が持つ出玉のポテンシャルは、先の『牙狼』に匹敵するレベルといっても過言ではないだろう。

「サンセイ製の『巨人の星』シリーズはこれまで2機種がリリースされています。同社初のタイアップ機となった『CR巨人の星~情熱の炎~』はミドルスペックの超ロングSTタイプで登場し、右打ちの大当りがオール16R(1890個)という爆発力のある性能でした。

しかし、当時の規則上、連チャン性能に制限が設けられており、右打ち中でも通常大当りがある気の毒なスペックでしたよね。そのため、予想以上の反響を得ることなく、早々にホールから去っていた印象が残っています。また、次作の『CR巨人の星〜栄光の軌跡〜』も超ロングST仕様で登場しましたが、同じような結果で早々に失速……。

野球漫画の金字塔も評されるビッグタイトルですから、ファンの期待度はかなり高い、それだけに、非の打ち所がない完成度を求められることになります。そうした中でシリーズ最新作がまもなくリリースされますが、果たしてどのような仕上りになっているのか気になるところです」(元業界関係者)

 新時代の「3Kスペック」で起死回生の“逆転ホームラン”となるか。7月の導入日が今から待ち遠しい限りだ。

【注目記事】

パチスロ「1ゲームで最大1350G上乗せ」に狂喜乱舞… 「大量上乗せ」を可能にした5号機”画期的マシン”

パチンコ豊富な「V入賞パターン」が歓喜を呼ぶ!「躍動する玉」を楽しめる激アツ台!!

パチンコ新台『P牙狼 月虹ノ旅人』全国デビューを盛り上げる「スペシャル情報」!「7万発」に続く超爆裂へ期待!!

パチンコ新台『牙狼』に匹敵する“3000発ループ”の爆裂マシン! シリーズ最高クラスの仕上りに期待のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!