NEW

JRA全G1制覇へ武豊「期待の大物」は米国年度代表馬の初年度産駒!? 松永幹夫調教師「すごく将来性を感じる」受け継がれた快速「ビリーヴの系譜」

【この記事のキーワード】

, ,

JRA全G1制覇へ武豊「期待の大物」は米国年度代表馬の初年度産駒!? 松永幹夫調教師「すごく将来性を感じる」受け継がれた快速「ビリーヴの系譜」の画像1

 話題の大物コマンドラインの完勝で幕を開けた今年の2歳戦線だが、将来性豊かな大物のデビューはまだまだこれからだ。松永幹夫厩舎のグランアプロウソ(牡2歳・栗東)は、世代屈指のスピードスター候補として話題を集めている。

 母フィドゥーシアは重賞こそアイビスサマーダッシュ(G3)の2着だったが、韋駄天S(OP)など1200m以下で7勝のスピード自慢。祖母ビリーヴはスプリンターズS(G1)と高松宮記念(G1)を勝つほどの名スプリンターだった。

 また、ビリーヴは引退後に渡米して米国の種牡馬と交配された異色の存在。ファリダット、ジャンダルムといった重賞級の素質馬を送り出すなど繁殖牝馬としても活躍した。グランアプロウソの母フィドゥーシアも、そんな祖母に倣って引退後に渡米している。

 そんなフィドゥーシアの初仔となるのがグランアプロウソであり、父は本年度に産駒がデビューする新種牡馬のガンランナー。グランアプロウソはJRAで走る最初のガンランナー産駒ということになる。手掛けたのはビリーヴやコントレイルを送り出したノースヒルズであり、馬主は前田幸治氏だ。

「ガンランナーは現役時代にG1を5連勝。ブリーダーズCクラシック(G1)やペガサスワールドC(G1)を勝って、2017年には米国の年度代表馬に選出されるほどの超大物でした。

種牡馬としては未知数ですが、少なくともJRAで最初の産駒となりそうなグランアプロウソは走りそうですね。血統的には母方が強く出ているスピードタイプで、近々札幌開催の1200mでデビューすることになりそうです。鞍上は武豊騎手が予定されています」(競馬記者)

 米国の年度代表馬のファーストクロップが日本に上陸した例では、やはり2019年に産駒がデビューしたアメリカンファラオのインパクトが強烈だ。

 初年度産駒が高い勝ち上がり率を記録すると、今年のフェブラリーS(G1)を制したカフェファラオや、昨年のジャパンダートダービー(G1)を勝ったダノンファラオら大物が登場。一躍、人気のマル外種牡馬となった。

 米国三冠馬のアメリカンファラオに対して、古馬になって本格化したガンランナーはやや奥手なタイプになるかもしれない。だが、グランアプロウソについては松永幹夫調教師が「すごく将来性を感じさせてくれる馬」と太鼓判。順調に行けば、祖母や母と同様にスプリント戦線を賑わす快速馬になりそうだ。

「厩舎の話では『筋肉質で如何にもスプリンターといった体型』だそうです。ただ、普段は大人しい気性のようですが、やや前向き過ぎる面が目立っているとか……。デビュー戦の1200mはまだしも、仮に順調に行っても朝日杯フューチュリティS(G1)に向けて距離を伸ばすことに苦戦するかもしれません。そういった意味でも、武豊騎手の手腕が期待されるところです」(別の記者)

 朝日杯フューチュリティSといえば、JRA全G1制覇に最も近い武豊騎手が勝っていないG1の一つだ。武豊騎手にとっては21回挑戦して5度の2着を経験するも、いまだに勝利に手が届かない因縁のレース。大記録達成へ、是が非でも手にしたいタイトルだ。

「ノースヒルズと武豊騎手のコンビといえば、2013年の朝日杯FSに挑戦したベルカントが思い出されますね。今年のダービーのサトノレイナスのように、牝馬ながらに牡馬に立ち向かいましたが、結果は3番人気に支持されながらの10着。将来的にはアイビスサマーダッシュを連覇するなど短距離戦線で活躍しました。まだ気が早いかもしれませんが、グランアプロウソには、あの時のリベンジが期待されますね」(同)

 武豊騎手と快速馬といえば、メイケイエールを連想するファンも少なくないだろう。

 小倉2歳S(G3)とファンタジーS(G3)を連勝するなど、早くから世代屈指のスピードを披露していたメイケイエールだが、距離がマイルに伸びてから苦戦。前向き過ぎる気性が仇となって阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で4着に敗れると、横山典弘騎手に乗り替わった桜花賞(G1)では最下位の18着に大敗した。

 その後、結局マイルには見切りをつけ、今夏のキーンランドC(G3)からスプリント路線を歩むことが決まった。この馬も普段の調教では大人しいが、レースでは前向き過ぎる気性がネックになり、武豊騎手もずいぶん手を焼いている。

 果たして、早くも注目されているグランアプロウソは武豊騎手のJRA全G1制覇に貢献するような名馬になるのか、それとも前向きな気性が災いしてメイケイエールのような道を辿ってしまうのか。デビュー戦から手綱を執る武豊騎手の“英才教育”に注目したい。(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA全G1制覇へ武豊「期待の大物」は米国年度代表馬の初年度産駒!? 松永幹夫調教師「すごく将来性を感じる」受け継がれた快速「ビリーヴの系譜」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!