NEW

JRA武豊も「確執」経験した因縁の相手が藤田菜七子と急接近!? 熾烈な女性騎手のリーディング争いに頼れる援護射撃

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊も「確執」経験した因縁の相手が藤田菜七子と急接近!? 熾烈な女性騎手のリーディング争いに頼れる援護射撃の画像1

 13日の東京競馬最終レース。3歳以上1勝クラスで勝利したのは、1番人気に支持されたアラビアンナイト。2着に2番人気テンハッピーローズで馬連440円という堅い決着だった。

 しかし、3着に入線したのは7番人気アドマイヤチャチャ。人気薄の同馬が3着に逃げ粘ったことで、3連複は4410円と中穴決着。3連単は13260円と、馬券的妙味がある決着となった。

 同馬をリードして、ゴール前までしぶとく逃げ粘る好騎乗をみせたのは、女性ジョッキー藤田菜七子騎手。

 実は、藤田騎手の「アドマイヤ軍団」への騎乗は同馬で3頭目。JRA通算2754回の騎乗を数える藤田騎手の貴重な”アドマイヤ勝負服姿”は珍しく、新鮮に映った競馬ファンもいただろう。

 藤田騎手がアドマイヤの馬に初騎乗したのは、2019年11月10日の福島記念(G3)のアドマイヤジャスタ。当時デビュー4年目で”初体験”を果たした藤田騎手だが、結果は7番人気で12着と惨敗。「ゲートのなかでソワソワして出遅れてしまった」と敗戦の弁を語っている。

 この敗戦が原因か、藤田騎手はその後、「アドマイヤ軍団」からお呼びが掛からず、次に騎乗したのは今年5月2日。なんと1年7ヶ月もの空白期間があった。

 このときは新潟8レース、4歳以上1勝クラスでアドマイヤレオに騎乗。4番人気の同馬を2着に導く好結果を出したことが評価されたのか、5月22日の同クラスのレースにも同馬で連続騎乗を果たした。

 アドマイヤレオを管理するのは美浦・柄崎孝厩舎。前出のアドマイヤチャチャも同厩舎の管理馬であり、こうした縁もあって藤田騎手と「アドマイヤ軍団」の間柄は、以前よりも近くなりつつある。

 1999年にアドマイヤベガで日本ダービー(G1)制覇するなど、90年代後半から00年代前半にピークを迎えた「アドマイヤ軍団」。このアドマイヤの冠を持つ馬のオーナー近藤利一氏は、2019年11月17日に77歳で死去。その後「アドマイヤ軍団」を相続したのは、利一氏の後妻の近藤旬子氏だ。

 去年の5月頃、旬子氏は所有していた2歳馬7頭を、ワールドプレミアの馬主で有名な大塚亮一氏に譲渡。一時は「馬主を辞めるのでは?」という噂も立った。

 しかし去年のセレクトセールでは、旬子氏の名義で1歳馬が取引されるなど、馬主稼業は継続予定。アドマイヤの冠名が残ることに胸をなでおろした競馬ファンも多かっただろう。

JRA武豊も「確執」経験した因縁の相手が藤田菜七子と急接近!? 熾烈な女性騎手のリーディング争いに頼れる援護射撃のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!