NEW

横山典弘「引退」間近か。調教師挑戦へ「すでに試験の資料を……」今年13勝、息子の横山武史・和生ら活躍に一家の大団円迫る

【この記事のキーワード】

, ,

横山典弘「引退」間近か。調教師挑戦へ「すでに試験の資料を……」今年13勝、息子の横山武史・和生ら活躍に大団円迫るの画像1

 京都新聞杯(G2)を勝ったレッドジェネシスの鞍上を託されて挑んだ日本ダービー(G1)で集団から大きく離される“ポツン”を実行し、ファンから顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまった横山典弘騎手。

 最後方から追い上げての11着というほぼノーチャンスだった内容に加え、ゴール後には大本命馬のエフフォーリアに騎乗した息子の横山武史騎手を微笑ましく見守る姿がネット上にアップされたこともあって、一部のファンからは「もう乗らないでほしい」という厳しい声もあった。

 そんな横山典騎手は、今年ここまでわずか13勝(14日現在)。これは苦労したデビュー3年間を除けば最も悪い成績だ。53歳という大ベテランになって肉体的な衰えは当然懸念されるが、昨年は63勝とその手腕に大きな陰りはなかった。気になるのは、騎乗数そのものが昨年の421回から、今年はここまで139回(約300回ペース)と大きく減っていることだ。

 そんな中、11日に発売された『競馬の天才 7月号』(メディアボーイ)では、横山典騎手が調教師試験に向けて動き出したことが報じられている。

 詳細はぜひ同誌を手に取っていただきたいが『競馬の天才』によると、横山典騎手はすでに調教師試験に必要な資料を持って帰ったという。また、横山典騎手と同じ関東の大ベテラン田中勝春騎手も同じように調教師を目指す可能性があるとのことだ。

「田中勝騎手も、今年ここまでデビューイヤーを除けば最低ペースの5勝と存在感がありません。関東では大ベテランの蛯名正義元騎手が昨年調教師試験に合格し、この春にムチを置きました。

他にも村田一誠元騎手や、西田雄一郎元騎手ら関東のベテラン勢の調教師転身が次々と成功していることは、横山典騎手や田中勝騎手にとっても無関係ではないでしょう。今年の成績が著しく悪くなってしまっているのは、もしかしたらそういった『決断の時』がチラついているからかもしれません」(競馬記者)

 実際に今年引退した蛯名騎手が52歳と、53歳の横山典騎手はいつ引退してもおかしくない年齢だ。その一方で、息子の横山武騎手は昨年、史上最年少で関東リーディングを獲得すると、皐月賞馬エフフォーリアとのコンビで今春のクラシックの主役を演じ切った。

 また、長男の横山和生騎手も現在リーディング7位と頭角を現し始めている。父親として“独り立ち”した息子たちの活躍を見れば、満足して仕事への意欲が衰えても不思議ではないのかもしれない。

「蛯名騎手も調教師試験に挑む際は、その準備のためにあえて騎乗制限を設けて、勉強する時間を作っていました。横山典騎手や田中勝騎手は今後、本気で調教師を目指すとなれば、さらに騎乗数が減っても不思議ではありません。両者とも、まだこれからのようですが、仮に今後ますます存在感が希薄になるようなら『いよいよ』と考えていいのかもしれません」(同)

 ちなみに蛯名騎手が調教師試験合格を決めた昨年の騎乗回数は、わずか88回。勝利は4勝に留まった。長年関東の腕利きとして、競馬界を盛り上げてきた横山典騎手、田中勝騎手が第2の人生に向けて始動する日も近そうだ。(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

横山典弘「引退」間近か。調教師挑戦へ「すでに試験の資料を……」今年13勝、息子の横山武史・和生ら活躍に一家の大団円迫るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!