NEW

パチスロ「6.2号機」が早くも適合! “超速AT”の「生みの親」が手がけるアノ超人気シリーズに熱視線!

パチスロ「6.2号機」が早くも適合! 超速ATの「生みの親」が手がけるアノ超人気シリーズに熱視線!の画像1

 パチスロ新基準「6.2号機」に朗報が舞い込んできた。

 コナミアミューズメントは6月15日、シリーズ最新作となる6.2号機「マジカルハロウィン~Trick or Treat!~」(ファイトクラブ製)が保安通信協会(保通協)の型式試験において、適合通知を受けた旨を発表した。

『マジカルハロウィン』は同社が誇る看板シリーズのひとつ。5号機初期にデビューして以降、数多くの後継機がリリースされており、萌えコンテンツとしての人気も非常に高いシリーズである。

「『マジハロ』の愛称で親しまれている本シリーズは、キュートなキャラクターデザインはもちろんのこと、俊逸なゲーム性もプレイヤーから高い評価を得ている。特に『初代・2・3』は“萌え”に精通していないファン層も取り込み、一躍同社を代表する人気コンテンツとなりました。

 ただ、規則強化後にリリースされた5.9号機『マジカルハロウィン6』、シリーズ初の6号機『マジカルハロウィン7』は予想以上のヒットを飛ばすことができず……。人気シリーズとはいえ、出玉規制の壁を超えることはできなかったようです」(パチスロライター)

 そんな『マジハロ』が6.2号機スペックで適合したとのことで、SNS上では「ようやく復活か?」「6号機でもマジハロを存分に打ちたいから、これは朗報だな!」といった声が上がるなど、早くも反響を呼んでいるようだ。

 そして気になる本機のスペック面だが……。

「業界団体は4月、ゲーム性の拡充を目的として、現在の有利区間ゲーム数『上限1,500G』を新たに『3,000G』までとする規制緩和策を発表しています。6号機最大のネックとなる一撃リミッター『2400枚規制』については処置の対象外でしたが、今回の規制緩和によって有利区間を確実に完走できるスペックを作ることができそうです。

そんな6.2号機でリリース予定の『マジハロ』最新作。ゲーム性は、これまでの人気シリーズを踏襲している可能性が高いと言われています。『マジハロ』シリーズといえば、人気作のほとんどがボーナス+ARTタイプ。このスペックでリリースされた6号機はかなり少ないですが……6.2号機という新たな枠組みによって、ボーナスメインのART機が開発しやすくなったのもしれません」(元業界関係者)

 ちなみに、コナミアミューズメントは、6号機第一弾となる人気シリーズ『戦コレ![泰平女君]徳川家康』をいち早くリリースし、また現在のパチスロシーンにおいて必要不可欠な新システム「アクセルAT」を生み出したメーカーでもある。そんな同社が手がける『マジハロ』最新作はどのような仕上がりになっているのか、今後の続報にも注目だ。

【注目記事】

パチンコ「一撃95連」「4万発」も確認…驚異の「超スペック」が『P牙狼 月虹ノ旅人』レベルの活躍も!!

甘デジ「一撃2万発」すら霞む爆裂に期待…“限界”へ迫った「出玉が支配する超RUSH」への評価は意外な反応!? 【初打ち実戦報告-ぱちんこ 仮面ライダー GO-ON LIGHT-編】

パチスロ新台「万枚製造機」が爆誕!?「完走×デビルゾーン」が大量出玉の鍵…驚異の破壊力を秘めている「モンスターマシン」を考察!!

パチスロ「6.2号機」が早くも適合! “超速AT”の「生みの親」が手がけるアノ超人気シリーズに熱視線!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!